パブリウチェンコワが7度目の挑戦でグランドスラム準々決勝の壁を突破、2時間半超の死闘の末にリバキナを倒す [フレンチ・オープン]

写真はアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の女子シングルス準々決勝で、第31シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)が第21シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)を6-7(2) 6-2 9-7で倒してベスト4進出を果たした。試合時間は2時間33分。

 グランドスラム大会の準々決勝で過去6度(全豪3回、全仏1回、ウインブルドン1回、全米1回)敗れていたパブリウチェンコワは、7度目にして初勝利を挙げた。パリで初めてこの舞台に立ってから壁を突破するまで、実に10年の歳月が経っていた。

 ロラン・ギャロスに14年連続出場となる29歳のパブリウチェンコワは、2011年のベスト8がこれまでの最高成績だった。秋に開催された昨年は、2回戦でカテリーナ・シニアコバ(チェコ)に3-6 4-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。ふたりは今大会でダブルスを組んで勝ち残っており、準々決勝でマグダ・リネッテ(ポーランド)/ベルナルダ・ペラ(アメリカ)と顔を合わせる予定になっている。

 今大会でのパブリウチェンコワは1回戦でクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)を6-4 6-0で、2回戦でアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)を6-2 6-3で、3回戦で第3シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を6-4 2-6 6-0で、4回戦では第15シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を7-5 3-6 6-2で破って8強入りを決めていた。

 パブリウチェンコワは次のラウンドで、ノーシードから勝ち上がってきたタマラ・ジダンセク(スロベニア)と対戦する。ジダンセクは準々決勝で、第33シードのパウラ・バドーサ(スペイン)を7-5 4-6 8-6で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related