テクニファイバーのシフィオンテクモデルについて取材しました


 今月のテニスパラダイスの連載では、テクニファイバーを訪れ、イガ・シフィオンテク(ポーランド)モデルのラケットについて取材してきました。



 こちらがテクニファイバーのオフィス入り口です。現在ラコステグループの傘下に入っています。




巨大なテニスボール缶のオブジェもありました。



 今年のフレンチ・オープンはシングルスベスト8、女子ダブルス準優勝と活躍したシフィオンテクがラケットでこだわっている点を教えてもらいました。



 オフィスの中にはラコステのウェアを着用するノバク・ジョコビッチ(セルビア)の姿もあります。



 大きなラコステのワニも出迎えてくれました。詳細は6月22日(火)発売のテニスマガジンでお伝えします。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related