女子テニスの先駆者『オリジナル9』、2020年受賞者のイバニセビッチとマルチネスが殿堂入りセレモニーに出席

左からC・マルチネス、R・カザルス、V・ジーゲンフス、BJ・キング、K・ピジョン、K・メルビル リード、J・ヘルドマン、P・バートコビッツ、G・イバニセビッチ(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「名誉の殿堂オープン」(ATP250/アメリカ・ロードアイランド州ニューポート/7月12~18日/賞金総額53万5535ドル/グラスコート)の男子シングルス準決勝が行われ、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)とジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)がタイトルをかけて初対決することになった。

 試合後には国際テニス名誉の殿堂のセレモニーが行われ、『オリジナル9』のメンバーたちが新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによる渡航制限のために出席できなかった元世界ナンバーワンのレイトン・ヒューイット(オーストラリア)とともに2021年受賞者のハイライトとなった。

 今回参加できなかったヒューイットは、来夏の祭典で栄誉を手渡される予定となっている。

 1970年に独自のツアーを開始した先駆的な女性たちのグループである『オリジナル9』の活動は、1973年に始まった女子テニス協会(WTA)の発足に繋がった。

 また今年のセレモニーでは、2020年に殿堂入りが決まっていたゴラン・イバニセビッチ(クロアチア)とコンチタ・マルチネス(スペイン)の入会式典も行われた。昨年の式典と大会はパンデミックにより、1年延期となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related