世界1位ジョコビッチが『ゴールデンスラム』達成に向けた初戦でデリエンと対戦 [東京2020]

写真は会場で練習中のノバク・ジョコビッチ(セルビア)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)のドロー抽選が行われ、男女単複の組み合わせが発表された。

 男子シングルスのドローでは、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同139位のウーゴ・デリエン(ボリビア)に対する試合で競技の幕を切って落とす。ジョコビッチは同じ年に4つのグランドスラム大会すべてのタイトルとオリンピック男子シングルスでの金メダルを獲り、『ゴールデンスラム』を成し遂げる最初の男子プレーヤーとなることを目指している。

 ジョコビッチはオーストラリアン・オープンとフレンチ・オープンを制したあと、ごく最近にウインブルドンで優勝したことで20回目のグランドスラム制覇を果たした。

 オリンピックで2度金メダルを獲得しているアンディ・マレー(イギリス)は、1回戦で第9シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦するという厳しいドローを引き当てた。またもうひとつの興味深い1回戦には、日本の錦織圭(日清食品)と第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)のマッチアップがある。

 そのほかの上位勢では第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)がアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)と、第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)はフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と初戦を戦うことになった。

 男子はトップ10の半分が東京に来ておらず、世界3位のラファエル・ナダル(スペイン)、6位のドミニク・ティーム(オーストリア)、8位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、9位のロジャー・フェデラー(スイス)、10位のデニス・シャポバロフ(カナダ)がそれぞれの理由で欠場している。(APライター◎アンドリュー・ダンプ/構成◎テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related