「大坂なおみにとって無観客は幸運だ」オリンピックで3回戦に進出したジョコビッチ [東京2020]

2回戦でヤン レナード・ストルフ(ドイツ)をストレートで下したノバク・ジョコビッチ(セルビア)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がヤンレナード・ストルフ(ドイツ)を6-4 6-3で倒してベスト16に進出した。

 オリンピックを戦うことのプレッシャーにどう対処しているのか。

「ランキングのトップに到達してグランドスラムで優勝するようになると、周囲の人々や自分自身からそれまでとは違った期待やプレッシャーがかかってしまうものだ。多くのテニス選手が過去にこのプレッシャーを経験しており、今後の選手たちも経験することになるだろう。グランドスラムチャンピオンかつ世界ナンバーワンになると、大きな重荷を背負うことになる。ホームで戦う大坂なおみ(日清食品)は特に大変だろうが、無観客なのは幸運だった。彼女の気持ちを代弁することはできないが、彼女は間違いなく大きな期待を背負っている。彼女がテニス選手として史上初めて開会式で聖火台に火を灯す姿を見られたのは素晴らしい。オリンピックでテニスは非常に注目されているスポーツでメディアの露出も多い。君たちメディアのおかげだよ。ありがとう。僕らは自分たち、そして国を代表できることがこの上なくありがたいこと。それと同時に選手村ではテニス界を代表しており、それは掛け替えのない経験だ」

 選手村ではほかの選手たちにいろいろ助言を求められている。

「実際、何人かの選手とは話をした。最初の夜はセルビアの女子バスケットボールチーム、柔道やそのほかの選手たち。彼らがもっとも興味を持ったのがメンタルの強さとプレッシャーとの向き合い方だった。どんなテクニックがあり、プレー中に集中力を失った瞬間に、どうやってそこから復活するのかを聞かれた。いろんな話をしたけど、それらはアスリートの間だけの秘密にしておきたい」

 実際に、選手村に宿泊しているのか。

「リオでは最初の数日は実際に泊り、大会が始まってからはホテルに移動した。ここではどちらも利用している。毎日、選手村に長い時間滞在して、ホテルは基本的に寝るため、そして朝の自分のルーティンをするための場所にしている。それ以外は基本的に選手村にいる。凄く特別な空間だからね。テニスのシーズン中はほとんどの大会でホテルに滞在しているし、オリンピックは4年に一度しかない貴重なものだ。もちろん、自分が心地よくいられるためのルーティンは大事にしている。それと同時に選手村に溢れている素晴らしいエネルギーにも触れていたいんだ」

 ジョコビッチは3回戦で第16シードのアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related