大坂なおみの金メダルへの挑戦はボンドルソバとの3回戦で終焉 [東京2020]

写真は大坂なおみ(日清食品)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)の女子シングルス3回戦で、第2シードの大坂なおみ(日清食品)はマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)に1-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間8分。

 オリンピックに初めて出場した23歳の大坂は2月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で2年ぶりに女王の座に返り咲いたが、今回はフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)の2回戦をメンタルヘルスの問題を理由に棄権して以来の大会出場だった。

 両者は今回が初対戦。22歳のボンドルソバは2019年フレンチ・オープンの準優勝者で、世界ランク自己最高14位をマークした実績を持っている。

 今大会での大坂は1回戦でジェン・サイサイ(中国)を6-1 6-4で、2回戦ではビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)を6-3 6-2で破って16強入りを決めていた。

 ボンドルソバは準々決勝で、パウラ・バドーサ(スペイン)とナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related