「なおみを倒したときに、上までいけると思った」決勝進出のボンドルソバ [東京2020]

決勝進出を決めて笑顔がこぼれたマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)の女子シングルス準決勝でマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)が第4シードのエレナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-3 6-1で倒し、決勝に進出した。

「タフな試合になることは分かっていた。何度か過去に対戦したけど、いつもハードな戦いだったから。これほど簡単に勝てるとは思ってなかった。スコア上は楽勝に見えるけど、試合はタフだった。デュースが多くて彼女も最後まで戦い続けた。自分のサービスゲームでも気持ちが落ちて自信を持てないときがあり、とにかく集中していい形でポイントを取れるように心がけた」

 準決勝を制してどんな気分か。

「凄いことを成し遂げた。試合前は“ゴール”に近づいていると思ったけど、それが頭にはあるけど意識過ぎるとよくない。でも、決勝にもう手が届いた。いつでも勝ちたいけど、決勝進出は凄いこと。できるだけ楽しみたい」

 大会前にゴールドメダルマッチを戦うことをイメージしていたのか。

「いや、2、3試合できればいいなと思っていただけ。でも、大坂なおみ(日清食品)を倒してから、“自分がいいプレーをしている”、”もっと上までいける”と思い始めた。決勝進出はただうれしいだけじゃなくて、本当に素晴らしい気持ち。今でも信じられない。あとからジワジワと実感するのかもしれない。結果が銀でも金でも凄いことで、本当に誇りに思っている」

 ボンドルソバは金メダルを懸けて決勝で第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)と戦う。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related