「プロアスリートのDNAで最後まで戦えた」3位決定戦に敗れたジョコビッチ [東京2020]

敗戦後、ネットにもたれかかりパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を待つノバク・ジョコビッチ(セルビア)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)の男子シングルス第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第6シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)に4-6 7-6(6) 3-6で敗れた。

 3位決定戦を最後まで戦うことの重要性。

「プロのアスリートとしてのDNAの一部だと思う。最後に残ったエネルギーを出し尽くすことが重要で、自分はそれをやり遂げた。結果はよくなかったが、コート上で自分が最善を尽くしたことには満足している。今日の試合、準決勝の第2セット、第3セットがよくなかったのは自分でも分かっている。メンタルとフィジカルの消耗、疲労がここできて一番大事な試合で出てしまったのは残念だった」

 2戦連続で敗れたジョコビッチはフラストレーションが爆発し、ラケットをスタンドに投げ込んだりネットポストに打ち付けて破壊するなど、イライラを隠せなかった。(テニスマガジン)


ネットポストにラケットを叩きつけるジョコビッチ

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related