「テクニファイバーのTF X-1シリーズを試してきました」

TF-X1シリーズの285g


 東京2020オリンピックのテニス競技が行われている猛暑の中、都内でテクニファイバー主催のラケット試打会に参加してきました。



 今回試したのはテクニファイバーのTF-X1シリーズの300g、285g、275gの3種類です。ストリングはトライアックス133(ポリエステル/マルチフィラメント)とTGV130(ナイロン)でした。



 若く、上手な方が多く、ついていくのが大変でした! それでも頑張って2時間近く、打ち続けました。



 ボールはもちろん、テクニファイバーのX-ONE。暑くて汗が止まらず、水を2リットル飲みながら頑張りました。



 身長173㎝、73㎏、45歳でテニスのプレー頻度は1カ月に1回程度の私が一番打ちやすかったのがこれ! 275gの一番軽いモデルでした。ストリングはTGV130(ナイロン)。ちなみに、足首の怪我のためコートで打ち合うのは約半年ぶりでした。



 TF X-1 275は軽いので振りやすいのはもちろん、若い方々のパワフルなショットにも負けないパワーがあります。フレームに当たったときの衝撃も3種類の中で一番小さかったように感じました。体にも優しいです。グリップエンドに埋め込まれたX-DAMPの低周波振動を軽減する機能を実感できました。

 自分はこれまで300g前後のラケットを使用することが多かったですが、今回の試打会をきっかけに軽いモデルに変えようか迷っています。

TF X-1シリーズの詳細

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

タグ:

Related