男子団体はシードダウン続出の激戦の末に8強決定 [2021全中]

橘学苑は「初出場初優勝」に向けて好発進(写真◎菅原淳)


 福島県会津若松市を舞台に開催されている「第48回全国中学生テニス選手権大会」(会津総合運動公園テニスコート/団体戦:8月18~20日、個人戦:8月20、21日)の大会2日目。男子団体は1・2回戦が行われ、8強が出揃った。

 2ダブルス・3シングルスで行われる団体戦。トップシードの橘学苑(神奈川)は順当に3回戦へ駒を進めた。関東中学を制したことで初出場ながら第1シードに配され「初出場初優勝」を目標に掲げるが、山口久美子監督は「あと3つ勝ちたいが、そう甘いものではない」と気を引き締める。

甲南は2回戦で姿を消した。写真は平野司/松本康平(写真◎菅原淳)

 一方、ほかの上位シードは苦戦を強いられた。第3~4シードの神戸市立井吹台(兵庫)が初戦で日大三(東京)に1勝4敗で敗れると、2回戦では第2シードの成蹊(東京)が筑陽学園(福岡)に、第3~4シードの甲南(兵庫)は津幡町立津幡南(石川)に2勝3敗で競り負けた。

 甲南の福井隆之監督は「どこも同じだがコロナ禍の影響で経験を重ねる場が減ってしまった。春のセンバツも出場を逃すなど、甲南らしいチームづくりができなかった。それでも大会が開催されたからこそ、大きな経験ができた。下級生の多いチームなので次に期待したい」と振り返った。

聖徳学園は19年大会に続く連覇を狙う。写真は田口創梧(写真◎菅原淳)

 残るベスト8入りのチームは第5~8シードの岡山大教附(岡山)と聖徳学園(東京)、2回戦でシード勢を撃破した名経大市邨(愛知)、小平市立小平第二(東京)、そして日大三。シード勢は3校のみという、どこが勝ってもおかしくない展開となっている。

 明日20日は3回戦から準決勝、決勝と各校最大3対戦を戦い、一気に団体日本一が決まる。また個人戦シングルスの1回戦も行われる。試合開始は10時の予定。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


編集部◎杉浦多夢 写真◎菅原淳

Pick up


Related

Ranking of articles