サングレンが2度目のベスト8へ、フォニーニにグランドスラムで2連勝 [オーストラリアン・オープン]

今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の男子シングルス4回戦で、ノーシードから勝ち上がってきたテニス・サングレン(アメリカ)が第12シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を7-6(5) 7-5 6-7(2) 6-4で振りきり、グランドスラムで2度目のベスト8進出を果たした。試合時間は3時間27分。

 全豪の本戦に3年連続出場となる28歳のサングレンは、初めてメインドローでプレーした2018年にグランドスラム自己最高の8強入り。オークランド(ATP250/ハードコート)でATPツアー初タイトルを獲得した直後だった昨年は、1回戦で日本の西岡良仁(ミキハウス)に4-6 6-7(5) 6-4 4-6で敗れていた。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

 この結果でサングレンは、フォニーニとの対戦成績を2勝2敗のタイに追いついた。グランドスラムでは昨年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)の3回戦で対戦しており、サングレンが6-3 7-6(12) 6-3で勝っていた。

 今大会でのサングレンは、1回戦で予選勝者のマルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)を6-1 6-4 7-5で、2回戦で第8シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を7-6(7) 6-4 4-6 2-6 7-5で、3回戦ではサム・クエリー(アメリカ)を6-4 6-4 6-4で破って16強入りを決めていた。

 サングレンは準々決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)とマートン・フクソービッチ(ハンガリー)の勝者と対戦する。

※写真はテニス・サングレン(アメリカ)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Tennys Sandgren of the United States celebrates after winning a point during his Men's Singles fourth round match against Fabio Fognini of Italy on day seven of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 26, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録