2021-10-01

ジュニア

日本は第1シードのチェコに敗れ、予選リーグ2位で決勝トーナメントへ [ジュニアデビスカップU16決勝大会]

写真はイメージ(Getty Images)


 国際テニス連盟(ITF)が主催する男子16才以下国別対抗戦「ジュニアデビスカップ決勝大会」(トルコ・アンタルヤ/9月28日~10月3日/クレーコート)の大会3日目は、予選リーグ第3戦が行われた。

 グループAで第6シードの日本は第1シードのチェコに1勝2敗で敗れ、予選リーグ2位で決勝トーナメントに進出することになった。日本は決勝トーナメント初戦で、グループDを首位で通過した第2シードのフランスと対戦する。

 アジア・オセアニア予選が中止となったため、日本は過去の実績などを評価されて決勝大会出場が決まっていた。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。前回行われた2019年大会での日本は、決勝でアメリカに勝って2010年以来となる2度目の世界一に輝いた。(テニスマガジン)

ジュニアデビスカップ|日本代表

監督◎岩本功
選手◎松岡隼(桜田倶楽部)、本田尚也(サトウGTC)、中島暁(塩尻丘中学校)

※[ ]数字はシード順位

予選リーグ第3戦結果

グループA

○チェコ[1](3勝0敗)2-1 ●日本[6](2勝1敗)

S2 ○Jan HRAZDIL 6-4 6-2 ●本田
S1 ●Jakub MENSIK 3-6 6-3 4-6 ○松岡
D ○HRAZDIL/Vojtech PETR 6-0 6-2 ●松岡/中島

○チリ(1勝2敗)2-1 ●トルコ(0勝3敗)

■グループA|最終順位

1位 チェコ(3勝0敗)
2位 日本(2勝1敗)
3位 チリ(1勝2敗)
4位 トルコ(0勝3敗)

グループB

○メキシコ[3](2勝1敗)1-2 ○ブルガリア[7](2勝1敗)

●チュニジア(0勝3敗)0-3 ○ロシア(2勝1敗)

■グループB|最終順位

1位 ロシア(2勝1敗)
2位 メキシコ(2勝1敗)
3位 ブルガリア(2勝1敗)
4位 チュニジア(0勝3敗)

グループC

○ドイツ[4](3勝0敗)2-1 ●アルゼンチン(2勝1敗)

○ブラジル[5](1勝2敗)2-1 ●韓国(0勝3敗)

■グループC|最終順位

1位 ドイツ(3勝0敗)
2位 アルゼンチン(2勝1敗)
3位 ブラジル(1勝2敗)
4位 韓国(0勝3敗)

グループD

○フランス[2](3勝0敗)3-0 ●カナダ(2勝1敗)

●香港[8](0勝3敗)1-2 ○エジプト(1勝2敗)

■グループD|最終順位

1位 フランス(3勝0敗)
2位 カナダ(2勝1敗)
3位 エジプト(1勝2敗)
4位 香港(0勝3敗)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related