2021-10-04

ジュニア

日本はチェコに敗れるも2017年に続く2度目の準優勝 [ジュニアビリージーンキングカップU16決勝大会]

写真は日本代表チームのエースとしてプレーした石井さやか(HSS)(Getty Images)


 国際テニス連盟(ITF)が主催する女子16才以下国別対抗戦「ジュニアビリージーンキングカップ(旧ジュニアフェドカップ)決勝大会」(トルコ・アンタルヤ/9月28日~10月3日/クレーコート)の大会最終日に行われた決勝で、第1シードのチェコ(グループA・1位)が第7シードの日本(グループC・1位)を2勝0敗で下して優勝を果たした。

 日本は2017年にも決勝に進出したが、アメリカに敗れていた。

 アジア・オセアニア予選が中止となったため、日本は過去の実績などを評価されて決勝大会出場が決まっていた。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。前回行われた2019年大会での日本はアジア/オセアニア最終予選(タイ・バンコク/ハードコート)で6位となり、6年ぶりに決勝大会出場を逃していた。(テニスマガジン)

ジュニアビリージーンキングカップ|日本代表

監督◎濵裕一郎
選手◎石井さやか(HSS)、齋藤咲良(MAT Tennis Academy)、小池愛菜(Team REC)

※国名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

決勝トーナメント結果

決勝

○1チェコ[1](グループA・1位)2-0 ●5日本[7](グループC・1位)

S2 ○ブレンダ・フルヴィルトバ 6-1 6-3 ●齋藤
S1 ○サラ・ベイレク 6-3 7-6(7) ●石井
D ニコラ・バルトゥンコバ/ベイレク 打切 石井/齋藤

3-4位決定戦

●1ドイツ(グループB・1位)1-2 ○2ロシア[2](グループD・1位)

5-8位決定戦・決勝

●2モロッコ(グループC・2位)1-2 ○4カナダ[3](グループB・2位)

7-8位決定戦

●1メキシコ(グループD・2位)1-2 ○2ペルー(グループA・2位)

9-16位トーナメント結果

決勝

●2ルーマニア[4](グループC・4位)1-2 ○8タイ[8](グループD・3位)

11-12位決定戦

○1トルコ(グループB・3位)2-1 ●2ハンガリー[7](グループB・4位)

13-16位決定戦・決勝

●1アルゼンチン[5](グループA・3位)0-3 ○3チリ(グループC・3位)

15-16位決定戦

●1香港(グループD・4位)1-2 ○2エジプト(グループA・4位)

最終順位

1位 チェコ
2位 日本
3位 ロシア
4位 ドイツ
5位 カナダ
6位 モロッコ
7位 ペルー
8位 メキシコ
9位 タイ
10位 ルーマニア
11位 トルコ
12位 ハンガリー
13位 チリ
14位 アルゼンチン
15位 エジプト
16位 香港


続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related