カラツェフとハチャノフがともにストレート勝利、準決勝は地元ロシア勢対決に [クレムリン・カップ]

写真はアスラン・カラツェフ(ロシア)(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「VTBクレムリン・カップ」(ATP250/ロシア・モスクワ/10月18~24日/賞金総額77万9515ドル/室内ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第2シードのアスラン・カラツェフ(ロシア)がベテランのジル・シモン(フランス)を6-4 6-3で退けベスト4に進出した。

 カラツェフは次のラウンドでジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-5 7-6(4)で破って勝ち上がった第3シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦することになり、少なくとも地元ロシア勢1人が最終日に勝ち進むことが確定した。

 トップハーフの準決勝は、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)とリカルダス・ベランキス(リトアニア)の顔合わせとなった。

 同大会で2014年と15年に2連覇を達成したチリッチがペドロ・マルチネス(スペイン)を6-1 6-2で退け、ラッキールーザーとして本戦入りしたベランキスはアドリアン・マナリノ(フランス)を6-2 7-6(1)で倒した。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related