2020-09-30

記録

スビトリーナとバーテンズがフルセットを制して2回戦突破、アザレンカは敗退 [フレンチ・オープン]

今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の女子シングルス2回戦で、第3シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が予選勝者のレナタ・サラスア(メキシコ)を6-3 0-6 6-2で退け、ベスト32に進出した。試合時間は1時間35分。

 ロラン・ギャロスに8年連続出場となる26歳のスビトリーナは、2度のベスト8(2015年、17年)がこれまでの最高成績。昨年は3回戦で、ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)に3-6 3-6で敗れていた。

 スビトリーナは次のラウンドで、ラッキールーザーで本戦入りしたアストラ・シャルマ(オーストラリア)を6-3 6-3で破って勝ち上がった第27シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)と対戦する。

 第5シードのキキ・バーテンズ(オランダ)が予選勝者のサラ・エラーニ(イタリア)に7-6(5) 3-6 9-7で競り勝って2回戦を突破したが、第10シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)はアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)に2-6 2-6で敗れた。

 そのほかの試合では、第25シードのアマンダ・アニシモワ(アメリカ)、バーボラ・クレイチコバ(チェコ)、予選勝者のナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)が3回戦に駒を進めた。

 第6シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がアキレス腱の故障で棄権したためピロンコバは不戦勝で勝ち上がり、第23シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)がポドロスカに3-6 6-1 2-6で、第32シードのバーボラ・ストリコバ(チェコ)はクレイチコバとの同胞対決に4-6 6-3 3-6で敗れてそれぞれ2回戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン)

フレンチ・オープン2020|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

女子シングルス2回戦|主な試合結果

○8アマンダ・アニシモワ(アメリカ)[25] 6-2 6-0 ●6ベルナルダ・ペラ(アメリカ)

○32キキ・バーテンズ(オランダ)[5] 7-6(5) 3-6 9-7 ●30サラ・エラーニ(イタリア)[Q]

○33エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[3] 6-3 0-6 6-2 ●35レナタ・サラスア(メキシコ)[Q]

○40エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)[27] 6-3 6-3 ●38アストラ・シャルマ(オーストラリア)[LL]

------

○51アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)6-2 6-2 ●49ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[10]

○54ナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)[Q] 6-3 1-6 6-2 ●56ユリア・プティンセバ(カザフスタン)[23]

○60バーボラ・クレイチコバ(チェコ)6-4 3-6 6-3 ●57バーボラ・ストリコバ(チェコ)[32]

○61ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)[WC] 不戦勝 ●64セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[6]

※写真はエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)
PARIS, FRANCE - SEPTEMBER 30: Elina Svitolina of Ukraine plays a forehand during her Women's Singles second round match against Renata Zarazua of Mexico on day four of the 2020 French Open at Roland Garros on September 30, 2020 in Paris, France. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録