土居美咲は予選勝者ダートとの接戦に敗れて初戦突破ならず [オーストラリアン・オープン]

今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、土居美咲(ミキハウス)はハリエット・ダート(イギリス)に6-2 4-6 6-7(6-10)で競り負けた。試合時間は2時間49分。

 全豪に11年連続出場となる28歳の土居は、ダイレクトインで2年連続6度目の本戦入り。昨年は予選を突破したあと、1回戦でマディソン・ブレングル(アメリカ)に4-6 0-6で敗れていた。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

 両者は今回が初対戦。23歳のダートは予選から出場し、3試合をストレートセットで勝ち抜き本戦入りを決めていた。

 ダートは2回戦で、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。ハレプは1回戦で、ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)を7-6(5) 6-1で下しての勝ち上がり。

 土居はモニカ・ニクレスク(ルーマニア)とのペアでダブルスにもエントリーしており、初戦の対戦相手はアンナ・カリンスカヤ(ロシア)/ユリア・プティンセバ(カザフスタン)となっている。

※写真は土居美咲(ミキハウス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録