全国初Vかけた決勝戦、長谷川晴佳(野田学園2年)が門脇優夏(西宮甲英2年)にストレート勝利 [2022高校センバツ]

写真は初のビッグタイトルを獲得した長谷川晴佳(野田学園2年)(撮影◎上野弘明)


 公益財団法人全国高等学校体育連盟などが主催する「大正製薬リポビタン第44回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/団体戦:3月21~25日◎福岡県福岡市・博多の森テニス競技場、個人戦:3月23~26日◎福岡県福岡市・博多の森テニス競技場博多の森テニス競技場&福岡県春日市・春日公園テニスコート/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、男女の個人戦準決勝と決勝が行われた。

 女子は長谷川晴佳(野田学園2年)と門脇優夏(西宮甲英2年)が決勝に進み、長谷川が6-4 6-4のストレート勝ちをおさめて初のビッグタイトルを掴み取った。

 団体戦も個人戦も、エネルギーの源は常に「支えてくれる人たちの存在」でモティベーションは常に〈恩返し〉だった。野田学園のエース長谷川は団体戦の決勝で涙を飲んだ翌日、個人戦に臨んだ。センバツならではの変則的な試合形式により、初戦がもう準決勝だ。

「悔しくてたまらなかったんですけど、切り替えて、頑張って個人戦で優勝して、支えてくれている人たちに恩返しができればという気持ちでした。私は団体戦も負けていなかったし、皆もついてるから自信持って、楽しんでいけって」

 準決勝の相手は個人戦を3つ勝ってきた里菜央(相生学院1年)。団体戦でも対戦し、長谷川は8-0と圧勝したが、今度はそう簡単にいかなかった。里が持ち味の粘りを徐々に発揮したが、6-3 4-6 6-4で最後は長谷川がラリー戦で勝負強さを見せた。

 もう一方の準決勝では団体戦で優勝した松商学園の砂田未樹(2年)を、里と同様に個人戦を3つ勝ってきた門脇が6-4 6-3で下していた。プロ志望の門脇は国内の大会を制限し、ITF(国際テニス連盟)の大会をメインに戦っている。決勝戦がふたりの初めての顔合わせとなった。

 第1、第2セットともに門脇がブレークを先行する形だったが、長谷川は食い下がって追いつき、さらには終盤にふたたびブレークして逆転。門脇は長い腕を生かしたアングルや伸びのあるストレートのショットで揺さぶってきたが、身長157cmと小柄な長谷川も後ろへ退かずに前へ入り、速いテンポで粘り強く返しながらチャンスをものにした。

 門脇は「連戦で疲れていて今日は足が動かなかった」とあとで悔し涙を見せた。6日間で団体戦のシングルス1試合とダブルス3試合、個人戦の5試合を戦った。その中で3セットマッチは最終日だけだったとはいえ、慣れない経験だったのだろう。マッチポイントで門脇のバックハンドがベースラインを割ると、長谷川は思わず歓声を上げてスタンドのチームメイトたちに向かってガッツポーズを作った。


プロ志望の門脇優夏(西宮甲英2年)はタイトルにあと一歩届かず(撮影◎上野弘明)

「チームの皆や保護者の方々も最後まで残って下さって、ここにはいないたくさんの方からもメッセージをいただいた。一番の勝因は応援の力だったと思います」

 ともに寮で暮らす仲間たちの存在の力強さ、温かさを何度も繰り返した。

 コロナ禍で試合の機会が減ったことはどの選手も大なり小なり影響を受けているが、野田学園は伝統として多くの対外試合を通して自信をつけ、課題を知り、強化を図ってきたチームだったことを長谷川は強調する。そのリズムが失われたことで、日頃の鍛錬がどれくらい他の強豪に対して通用するのかわからず、鬱々と日々を過ごした。メンタルが弱り、成績は上がらないという悪循環。その中でナンバーワンとしてのプレッシャーも重くのしかかり、責任を果たせないことに悩んだという。

「テニスが楽しいっていう気持ちもなくなりかけたというか。悪い状態のときに何とかしていい状態に持っていこうという努力もしないで、どんどん下がってしまって怒られたりもしました。そういうコーチの熱意や、たくさんの人の励ましで目が覚めたところもあります」


「一番の勝因は応援の力」と長谷川(撮影◎上野弘明)

 遠征ができない不自由さに嘆いていた長谷川に舞い込んできた遠征のチケットの行き先は、県境どころか海を超えてなお遥かなニューヨークだ。USオープン・ジュニアの予選ワイルドカード(主催者推薦枠)というご褒美。5ヵ月後、長谷川はきっとこう言うに違いない。“一人ではなくチーム皆の思いを背負って行ってくる”と。(ライター◎山口奈緒美)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


撮影◎上野弘明

Pick up


Related

Ranking of articles