2022-05-14

ジュニア

大会3日目が終了、14歳以下のファイナリストが出揃う [全国選抜ジュニア]

写真は14歳以下男子で決勝に進出した戸邉悠真(関東/吉田記念テニス研修センター)(写真提供◎公益財団法人吉田記念テニス研修センター)


 日本テニス協会(JTA)などが主催する「DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会兼ワールドジュニアテニス世界大会代表選考会」(千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター/5月12~15日/ハードコート)の大会3日目は14歳以下および12歳以下のシングルス準々決勝と準決勝が行われ、各種目のファイナリストが出揃った。

 14歳以下は男子が第6シードの戸邉悠真(関東/吉田記念テニス研修センター)と第8シードの川西飛生(北信越/TEAM KIT)、女子は第1シードの小坂莉來(関西/LYNX TA 奈良)と第3シードの上村睦実(東海/名古屋LTC)がタイトルをかけて対決することになった。

 全国選抜ジュニアテニス選手権大会は男女シングルス(14歳以下/12歳以下)各32ドローで争われ、14歳以下はワールドジュニアテニス世界大会の代表選手の選考会を兼ねている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Ret.は途中棄権

大会3日目の試合結果|14歳以下

男子シングルス準決勝

○16川西飛生(北信越/TEAM KIT)[8] 7-6(5) 4-6 6-3 ●8駒田瑛人(関西/ラボキッズジュニア)[5]

○25戸邉悠真(関東/吉田記念テニス研修センター)[6] 0-6 6-2 6-0 ●18尾崎奏多(関西/ラボキッズジュニア)

男子シングルス準々決勝

○8駒田瑛人(関西/ラボキッズジュニア)[5] 6-3 6-4 ●1鈴木琉斗(関西/TCコスパ八尾南)[1]

○16川西飛生(北信越/TEAM KIT)[8] 6-2 6-3 ●10太田周(九州/長崎TLD)

○18尾崎奏多(関西/ラボキッズジュニア)6-3 5-0 Ret. ●24松村怜(東海/あおやま庭球塾)[3]

○25戸邉悠真(関東/吉田記念テニス研修センター)[6] 7-6(3) 5-7 7-5 ●32田畑遼(関東/むさしの村ローンテニスクラブ)[2]

女子シングルス準決勝

○1小坂莉來(関西/LYNX TA 奈良)[1] 7-6(4) 6-1 ●12藤井小夏(関西/LYNX TA 奈良)

○24上村睦実(東海/名古屋LTC)[3] 6-4 6-7(2) 6-2 ●32市岡梓奈(関東/グリーンテニスプラザ)[2]

女子シングルス準々決勝

○1小坂莉來(関西/LYNX TA 奈良)[1] 0-6 6-3 7-6(6) ●8早坂来麗愛(東北/ウイニングショット)[5]

○12藤井小夏(関西/LYNX TA 奈良)6-2 6-1 ●16布川優(関東/大磯テニスアカデミー)[7]

○24上村睦実(東海/名古屋LTC)[3] 6-4 6-0 ●19奥出彩帆(北信越/今立TC)

○32市岡梓奈(関東/グリーンテニスプラザ)[2] 6-1 6-1 ●25山本晄(関東/MAT Tennis Academy)[8]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真提供◎公益財団法人吉田記念テニス研修センター

Pick up


Related

Ranking of articles