本戦3日目が終了、バドーサとガルシアのトップ2シードが初戦で敗れる番狂わせ [東レPPO]

写真は初戦敗退を喫した第1シードのパウラ・バドーサ(スペイン)(Getty Images)


 3年ぶりの開催となる国内最大のWTAツアー公式戦「東レ パン・パシフィック・オープンテニス」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月19~25日/賞金総額75万7900ドル/ハードコート)の本戦3日目は、女子シングルス1回戦残り1試合2回戦4試合&女子ダブルス1回戦残り3試合が行われた。

 シングルスは第3シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、ジャン・シューアイ(中国)、ジェン・チンウェン(中国)、クレア・リュー(アメリカ)が8強入りを決め、リュドミラ・サムソノワ(ロシア)はウインブルドン優勝者で第8シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)を6-2 6-4で下して2回戦に駒を進めた。

 ジャンが第2シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)に4-6 7-6(5) 7-6(5)で競り勝ち、ジェンは第1シードのパウラ・バドーサ(スペイン)を6-3 6-2で退けそれぞれシードダウンを演じた。上位4シードは1回戦がBYEで免除されており、バドーサとガルシアはこれが初戦だった。

 ダブルスでは第2シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジュリアーナ・オルモス(メキシコ)、フェルナンダ・コントレラス ゴメス(メキシコ)/デスピナ・パパミハイル(ギリシャ)、ソフィア・ケニン(アメリカ)/サムソノワが勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 東レ パン・パシフィック・オープンはWTA500に格付けされる大会で、シングルス28ドロー&ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Altは繰り上がり出場

本戦3日目|試合結果

センターコート

第1試合|女子シングルス2回戦

○24ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[3] 6-4 6-2 ●22デスピナ・パパミハイル(ギリシャ)[Q]

第2試合|女子シングルス2回戦

○30ジャン・シューアイ(中国)4-6 7-6(5) 7-6(5) ●32カロリーヌ・ガルシア(フランス)[2]

第3試合|女子シングルス1回戦

○18リュドミラ・サムソノワ(ロシア)6-2 6-4 ●17エレナ・リバキナ(カザフスタン)[8/WC]

第4試合|女子シングルス2回戦

○3ジェン・チンウェン(中国)6-3 6-2 ●1パウラ・バドーサ(スペイン)[1]

第5試合|女子シングルス2回戦

○7クレア・リュー(アメリカ)6-4 6-1 ●6エリース・メルテンス(ベルギー)

ショーコート

第1試合|女子ダブルス1回戦

○16ガブリエラ・ダブロウスキー/ジュリアーナ・オルモス(カナダ/メキシコ)[2] 6-3 6-1 ●15柴原瑛菜/ルイーザ・ステファニー(橋本総業ホールディングス/ブラジル)

第2試合|女子ダブルス1回戦

○4フェルナンダ・コントレラス ゴメス/デスピナ・パパミハイル(メキシコ/ギリシャ)6-1 6-3 ●3本玉真唯/内藤祐希(島津製作所/亀田製菓)[Alt]

第3試合|女子ダブルス1回戦

○10ソフィア・ケニン/リュドミラ・サムソノワ(アメリカ/ロシア)6-2 6-4 ●9土居美咲/奈良くるみ(ミキハウス/安藤証券)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles