21歳の新鋭ドレイパーが準々決勝で前週敗れたハチャノフに雪辱「僕はまだ学んでいる最中」 [アデレード国際2]

写真はジャック・ドレイパー(イギリス)(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「アデレード国際2」(ATP250/オーストラリア・南オーストラリア州アデレード/1月9~14日/賞金総額64万2735ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、21歳のジャック・ドレイパー(イギリス)が第3シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を6-4 7-6(3)で倒してベスト4進出を決めた。

 同地で開催された前週の大会の2回戦でハチャノフにストレート負けを喫していたドレイパーは、早くもその雪辱に成功した。

 最初のショットから攻撃的に打ち込んでいったドレイパーは第2セット5-4からのサービング・フォー・ザ・マッチをキープすることができなかったが、フラストレーションを滲ませながらも直ぐに立て直すともつれ込んだタイブレークでは相手の強打を拾いまくる守備力とサーブ&ボレーを交えてポイントをもぎ取る果敢さを見せてストレートで試合を終わらせた。

「最後のゲームでは少しナーバスになったけど、それもテニスだ。僕はまだ若いから、こういった経験からまだ学んでいる最中なんだよ」と左利きのドレイパーは試合後のオンコートインタビューで語った。

「カレンのような選手に対しては僅かな隙も与えることはできない。そうしないと彼らはそこに付け込んで試合を持っていってしまうからね。彼は非常にアグレッシブな選手で、強力なサービスを打ってくる。彼はベースラインからも主導権を握ろうとしてくるから、そこでついていけないと相手のペースになってしまうんだ。今日は先週よりも自分のテニスができたから、その点でよくやったと思う」

 ドレイパーは次のラウンドで、予選勝者のミカエル・イーメル(スウェーデン)を6-1 6-2で破って勝ち上がったラッキールーザー(予選決勝で敗れたが欠場者が出たため本戦出場権を得た選手)のクォン・スンウ(韓国)と対戦する。

 もうひとつの準決勝は、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)とタナシ・コキナキス(オーストラリア)の顔合わせとなった。第4シードのバウティスタ アグートが第7シードのアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)との同胞対決を6-3 6-2で制し、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したディフェンディング・チャンピオンのコキナキスは第6シードのミオミル・キツマノビッチ(セルビア)を6-3 6-7(4) 6-1で振りきった。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles