女子は第2シードの上地結衣ら日本勢3人がシングルス初戦を突破 [オーストラリアン・オープン車いすの部]

写真は2021年オーストラリアン・オープンでの上地結衣(三井住友銀行)(Getty Images)


 今年最初のグランドスラム大会「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦1月16~29日/ハードコート)の大会9日目は車いすの部が始まり、男女のシングルス1回戦各8試合が行われた。

 女子の日本人選手は第2シードの上地結衣(三井住友銀行)と田中愛美(ブリヂストンスポーツアリーナ)に加え、同士討ちで高室冴綺(スタートライン)を6-2 6-1で破った大谷桃子(株式会社かんぽ生命保険)の3人が初戦を突破したが、船水梓緒里(三菱商事)はジュ・ジェンジェン(中国)に3-6 2-6で敗れた。

 田中、船水、高室の3人は、これが同大会のデビュー戦だった。

 準々決勝では上地がダナ・マシューソン(アメリカ)と、大谷が第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)と、田中は第3シードのアニーク・ファンクォト(オランダ)と対戦する。 

 車いすテニスは今年から規模が拡大し、男女シングルス各16ドロー&男女ダブルス各8ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

大会9日目|車いすの部

車いす女子シングルス1回戦◎試合結果|日本人選手

○16上地結衣(日本/三井住友銀行)[2] 6-0 6-0 ●15ルーシー・シューカー(イギリス)

○4大谷桃子(日本/株式会社かんぽ生命保険)6-2 6-1 ●3高室冴綺(日本/スタートライン)

○7田中愛美(日本/ブリヂストンスポーツアリーナ)7-5 6-1 ●8マカレナ・カブリラーナ(チリ)

●10船水梓緒里(日本/三菱商事)3-6 2-6 ○9ジュ・ジェンジェン(中国)

車いす女子シングルス準々決勝◎組み合わせ|日本人選手

16上地結衣(日本/三井住友銀行)[2] vs 14ダナ・マシューソン(アメリカ)

4大谷桃子(日本/株式会社かんぽ生命保険)vs 1ディーダ・デ グロート(オランダ)[1]

7田中愛美(日本/ブリヂストンスポーツアリーナ)vs 5アニーク・ファンクォト(オランダ)[3]

車いす女子ダブルス1回戦◎組み合わせ|日本人選手

5船水梓緒里/高室冴綺(三菱商事/スタートライン)vs 6クオザード・モンジェーヌ/田中愛美(南アフリカ/ブリヂストンスポーツアリーナ)

7ジェシカ・グリフィオン/大谷桃子(オランダ/三井住友銀行)vs 8上地結衣/ジュ・ジェンジェン(三井住友銀行/中国)[2]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Pick up

Related

Ranking of articles