青山修子/柴原瑛菜が第6シード、日比野菜緒/二宮真琴も出場 [USオープン]

今年ふたつ目となるグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月31日~9月13日/ハードコート)の男女ダブルスのドローが発表され、女子日本勢は青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)と日比野菜緒(ブラス)/二宮真琴(エディオン)の2組が名を連ねた。

 加藤未唯(ザイマックス)/土居美咲(ミキハウス)は補欠リストの1番手となっており、欠場者が1組出れば繰り上がることになる。

USオープン2020|トーナメント表

 青山/柴原は第6シードでの参戦となり、初戦の対戦相手はワイルドカード(主催者推薦枠)を得て出場したアン・リー/ベルナルダ・ペラ(ともにアメリカ)に決まった。

 昨年からペアを組み始めた青山/柴原はここまでツアー大会に13回出場し、初めてトップシードとして臨んだ2月のサンクトペテルブルク(WTAプレミア/室内ハードコート)では今季初優勝を飾っていた。昨年は6大会で3度決勝に進出し、10月に天津(WTAインターナショナル/ハードコート)とモスクワ(WTAプレミア/室内ハードコート)でタイトルを獲得した。

 両親ともに日本人ながら南カリフォルニアで生まれ育った柴原は、昨年6月に国籍登録をアメリカから日本に変更した。ジュニア時代の柴原は、ジェイダ・ハート(アメリカ)とのコンビで臨んだ2016年USオープン・ジュニアのダブルスで優勝した実績を持っている。

 オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に続くグランドスラム参戦となる日比野/二宮は、1回戦でアンナ・ブリンコワ/ベロニカ・クデルメトワ(ともにロシア)と対戦することになった。

 大会はシングルスが8月31日から始まり、ダブルスは9月2日からスタートする。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより会場内の人数を減らすため、今年の男女ダブルスのドロー数は64から32に縮小となっている。(テニスマガジン)

※写真はサンクトペテルブルクの大会で今季初タイトルを獲得した青山修子(右)/柴原瑛菜(近藤乳業/橋本総業ホールディングス)(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録