元世界1位マレーが9ヵ月ぶりの勝利、男子ツアーが本格的に再開 [ウェスタン&サザン・オープン]

ATPツアー公式戦の「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/アメリカ・ニューヨーク/8月22~28日/賞金総額467万4780ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、アンディ・マレー(イギリス)がフランシス・ティアフォー(アメリカ)とのワイルドカード(主催者推薦枠)同士の対戦を7-6(6) 3-6 6-1で制し、今季の公式戦初戦を勝利で飾った。

 いつもとは違う無観客の環境の中にマレーは新型コロナウイルス(COVID-19)を意識したマスクをつけて入場し、立ち去るときには握手を控えた。3度グランドスラム大会を制したマレーはその入場と退場の間に、これまで常にやってきたようにガッツあるプレーを見せながらぶつぶつつぶやいていた。

 2度に渡る股関節の手術を経てふたたび這い上がり始めようしているマレーの約9ヵ月ぶりの試合は、他の皆にとって5ヵ月ぶりのATPツアーの大会で実現した。

「フィジカル的に、僕はよくやったと思う。僕の動きは多分、自分が期待していたよりもよかったよ」とマレーは振り返った。彼は2012年USオープンでグランドスラム初優勝を飾り、2013年と16年のウインブルドンでも栄冠に輝いた。

ウェスタン&サザン・オープン2020|PHOTOアルバム

 ATPツアーはパンデミックにより3月途中から中断していたが、再開は8月31日に開幕するUSオープンと同じ会場で行われるこのハードコート大会で実現した。この大会は本来であればオハイオ州シンシナティで開催されるが、今年は例外的にUSTAビリー ジーン・キング・ナショナルテニスセンターで行われることになった。

 マレーは2018年1月と2019年1月に股関節の手術を受け、昨年の後半に復帰を果たした。骨盤の問題のため、2020年初頭にプレーすることができなかった。

 この日のティアフォーに対する試合では、この元世界1位のマレーが一度もツアーを離れなかったかに見えた時間帯さえあった。マレーが第1セットのタイブレークで一時2-5とリードされながらも最後の7ポイントのうち6つをものにして挽回し、フォアハンドのダウン・ザ・ラインのパッシングショットでセットを締めくくった瞬間もそのひとつだった。

 そのあと調子を上げたティアフォーが第2セットを奪ったが、マレーは迅速に主導権を取り戻した。マレーは第3セット序盤で13本続いたラリー中に彼特有の守備的スキルを駆使してティアフォーのボレーミスを誘い、ブレ―クを果たして2-0とリードした。そのあと確実にキープしたマレーが再度ブレークに成功し、ティアフォーを振りきった。

 ティアフォーは7月にジョージア州アトランタで行われたエキシビション大会に出場し、ウイルス検査で陽性と診断されたが回復して大会に復帰していた。

 この勝利でマレーは、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に対する2回戦へと駒を進めた。上位8シードは1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

カナダの新鋭、オジェ アリアシムとシャポバロフが揃って初戦を突破

 3月以来となる男子のツアー公式戦で最初の勝者となったのは、第15シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)だった。彼はこの日の第1試合で、ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)を6-4 6-1で退けた。

「試合を通してまったく音がしないというのは、本当に奇妙だよ。もちろん練習では慣れているけど、これはマスターズ1000の大会という重要な試合だからね。そこに誰もいない、観客がまったくいないというのはちょっと変な感じだね」とオジェ アリアシムは語った。

ウェスタン&サザン・オープン2020|PHOTOアルバム

 この日最後の試合では、第12シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)が2016年覇者のマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3 6-3で倒した。

「準備はできていたよ。ここ数ヵ月、パンデミックの間を通して僕はトレーニングを積んでいたんだ。しばらく公式戦でプレーしていなかったけど、それほど混乱しなかったよ」とシャポバロフはコメントした。

 そのほかの試合では、テイラー・フリッツ(アメリカ)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)、ライリー・オペルカ(アメリカ)、予選勝者のリカルダス・ベランキス(リトアニア)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)が初戦を突破した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアンディ・マレー(イギリス/奥)とフランシス・ティアフォー(アメリカ)
NEW YORK, NEW YORK - AUGUST 22: Andy Murray of Great Britain bumps forearms with Frances Tiafoe of the United States after their Men's Singles First Round match against Frances Tiafoe of the United States on day three of the 2020 Western & Southern Open at USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 22, 2020 in the Queens borough of New York City. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録