「天津オープン」(WTAインターナショナル/中国・天津/10月9~15日/賞金総額50万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマリア・シャラポワ(ロシア)が前年の優勝者で第3シードのペン・シューアイ(中国)を6-3 6-1で退け、決勝進出を決めた。試合時間は1時間18分。

 薬物使用による15ヵ月の出場停止処分を受けたシャラポワは、4月の復帰から7大会目で初の決勝進出。今季初タイトルをかけて、予選勝者のサラ・エラーニ(イタリア)を6-1 6-3で破ったアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)と対戦する。

 19歳のサバレンカは、シングルスでは今大会が4度目のWTAツアー本戦出場。9月のタシケント(WTAインターナショナル/ハードコート)に続く準決勝で勝利し、ツアーでの自己最高成績を更新した。

 決勝で対戦する両者は、今回が初対戦となる。

画像: 写真は北京の大会でのマリア・シャラポワ BEIJING, CHINA - OCTOBER 04: Maria Sharapova of Russia returns a shot against Simona Halep of Romania during the Women's singles 3rd round on day five of 2017 China Open at the China National Tennis Centre on October 4, 2017 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

写真は北京の大会でのマリア・シャラポワ
BEIJING, CHINA - OCTOBER 04: Maria Sharapova of Russia returns a shot against Simona Halep of Romania during the Women's singles 3rd round on day five of 2017 China Open at the China National Tennis Centre on October 4, 2017 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.