「ロジャーズ・カップ」(ATP1000/カナダ・トロント/8月6~12日/賞金総額593万9970ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で第12シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦した西岡良仁(ミキハウス)は、第1セットを0-6で落としたあとに棄権した。試合時間は22分。

 今大会に初参戦となった西岡は予選から出場し、1回戦で第10シードのマリウス・コピル(ルーマニア)を2-6 6-3 7-6(2)で、予選決勝ではフィリップ・ペリウォ(カナダ)を5-7 6-1 6-4で破って本戦入りを決めていた。

 両者は今回が初対戦。前週のロス カボス(ATP250/ハードコート)に出場した西岡は、ATPツアーで今季初の8強入りを果たしていた。

 カレーニョ ブスタは2回戦で、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)とカレン・ハチャノフ(ロシア)の勝者と対戦する。

※写真はオーストラリアン・オープンでの西岡良仁(ミキハウス)
撮影◎小山真司

This article is a sponsored article by
''.