今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の本戦が、8月26日(月)に開幕する。

 2016年ウインブルドン準優勝のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が、臀部故障を理由に大会欠場を決めた。今大会でのラオニッチは、第21シードで出場予定だった。

 USTA(全米テニス協会)は日曜日にラオニッチの欠場を発表し、代わりに予選決勝で敗れていたカミル・マイクシャク(ポーランド)がラッキールーザーとしてに出場することになった。

 マイクシャクの1回戦の相手は、ニコラス・ジャリー(チリ)となる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はUSオープン予選決勝を戦うカミル・マイクシャク(ポーランド)、23日撮影
Kamil Majchrzak of Poland during the Men's qualifying singles 3rd round at Flushing Meadows Corona Park on August 23, 2019 in New York City. (Photo by Marek Janikowski/Icon Sport via Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.