日本テニス協会は、11月18日から24日までスペイン・マドリッドで開催される18ヵ国の代表選手で争われる男子国別対抗戦「2019デビスカップ by Rakuten ファイナル」の日本代表5選手を発表した。
 
 世界ランク単68位の西岡良仁(ミキハウス/複273位)を筆頭に、内山靖崇(北日本物産/単87位、複360位)、杉田祐一(三菱電機/単107位、複ー位)、ダニエル太郎(エイブル/単110位、複710位)、マクラクラン勉(単ー位/複49位)が続く。日本男子トップの錦織圭(日清食品/単8位、複439位)は選出されなかった。錦織は右肘の故障のため、現在は戦列を離れている。

選手

西岡良仁(ミキハウス)
内山靖崇(北日本物産)
杉田祐一(三菱電機)
ダニエル太郎(エイブル)
マクラクラン勉

監督

岩渕聡(公益財団法人日本テニス協会)

デビスカップ・ファイナルズ|グループ分け

プールA|フランス[1]、セルビア、日本

プールB|クロアチア[2]、スペイン、ロシア

プールC|アルゼンチン[3]、ドイツ、チリ

プールD|ベルギー[4]、オーストラリア、コロンビア

プールE|イギリス[5]、カザフスタン、オランダ

プールF|アメリカ[6]、イタリア、カナダ

※[ ]数字はシード順位

※写真は左から西岡、内山、杉田、ダニエル太郎、マクラクラン勉(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.