WTAツアー公式戦の「アデレード国際」(WTAプレミア/オーストラリア・南オーストラリア州アデレード/1月13~18日/賞金総額84万8000ドル/ハードコート)の女子ダブルス準々決勝で、青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)はソフィア・ケニン/ベサニー・マテック サンズ(ともにアメリカ)に6-7(5) 6-7(3)で競り負けた。試合時間は1時間50分。

 柴原と青山のコンビは、今大会が8度目のダブルス出場。昨年は6大会で3度決勝に進出し、10月には天津(WTAインターナショナル/ハードコート)とモスクワ(WTAプレミア/室内ハードコート)でタイトルを獲得した。前日に行われた1回戦では、第4シードのドゥアン・インイン(中国)/デジレイ・クラブチェク(アメリカ)を7-6(2) 6-4で破って今季の初勝利を挙げていた。

アデレード国際2020|PHOTOアルバム

 両親ともに日本人ながら南カリフォルニアで生まれ育った柴原は、昨年6月に国籍登録をアメリカから日本に変更した。ジュニア時代の柴原は、ジェイダ・ハート(アメリカ)とのコンビで臨んだ2016年USオープン・ジュニアのダブルスで優勝した実績を持っている。

 ケニン/マテック サンズは準決勝で、第1シードのニコール・メリカ(アメリカ)/シュー・イーファン(中国)と対戦する。メリカ/シューは準々決勝で、ケイトリン・クリスチャン(アメリカ)/アレクサ・グラーチ(チリ)を6-2 7-6(9)で下しての勝ち上がり。

※写真は柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
ADELAIDE, AUSTRALIA - JANUARY 15: Ena Shibahara of Japan serves in her doubles match with Shuko Aoyama of Japan against Sofia Kenin of the USA and Bethanie Mattek-Sands of the USA during day four of the 2020 Adelaide International at Memorial Drive on January 15, 2020 in Adelaide, Australia. (Photo by Mark Brake/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.