セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がラトビアに対するフェドカップ予選でアメリカ代表チームの一員となると、水曜日に全米テニス協会(USTA)が明かした。

 フェドカップにセレナが参戦するのは、2018年以来のこととなる。セレナはこれ以前に10度フェドカップに出場し、1999年の初出場からシングルスで13勝0敗、ダブルスで3勝2敗の成績を残している。

 2月7日から8日にかけて、アメリカはワシントン州のエバレットでラトビアと対戦する。この対戦の勝者は、4月にハンガリーのブダペストで行われるフェデカップ・ファイナルズに駒を進める。

 アメリカは1月28日にまでに、残りのメンバーを決めなければならない。セレナは来週に始まるオーストラリアン・オープンで、24回目のグランドスラム制覇を狙うことになる。彼女は先週開催されたニュージーランドのオークランドで、ツアー通算73勝目となるタイトルを獲得した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はオークランドの大会でのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 12: Serena Williams of USA celebrates with the trophy after winning the final match against Jessica Pegula of USA at ASB Tennis Centre on January 12, 2020 in Auckland, New Zealand. (Photo by Hannah Peters/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.