ATPツアー公式戦の「デルレイビーチ・オープン」(ATP250/アメリカ・フロリダ州デルレイビーチ/2月17~23日/賞金総額67万3655ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、西岡良仁(ミキハウス)が第6シードのユーゴ・アンベール(フランス)を1-6 6-4 6-0で倒し、今季初優勝に王手をかけた。試合時間は1時間41分。

 ツアー大会で西岡が決勝まで勝ち進んだのは、初タイトルを獲得した2018年9月の深圳(ATP250/ハードコート)以来でキャリア2度目となる。

2020年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

 今大会に2年連続5度目の出場となる24歳の西岡は、初参戦だった2015年に予選から8強入り。3度目の本戦だった昨年は、1回戦でフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に3-6 5-7で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。21歳のアンベールは1月のオークランド(ATP250/ハードコート)でノーシードから勝ち上がり、ツアー初タイトルを獲得していた。

 今週の西岡は、1回戦で第5シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)を3-6 6-4 6-2で、2回戦で予選勝者のノア・ルビン(アメリカ)を6-1 6-2で、準々決勝ではワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した18歳のブランドン・ナカシマ(アメリカ)を3-6 7-6(5) 6-4で破って4強入りを決めていた。

 西岡は決勝で、第2シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と第4シードのライリー・オペルカ(アメリカ)の勝者と対戦する。

※写真は西岡良仁(ミキハウス)
DELRAY BEACH, FL - FEBRUARY 22: Yoshihito Nishioka (JPN) during the Semifinals of the ATP Delray Beach Open on February 22, 2020, at the Delray Beach Stadium & Tennis Center in Delray Beach, FL. (Photo by Aaron Gilbert/Icon Sportswire via Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.