ロジャー・フェデラー(スイス)と妻のミルカは水曜日、新型コロナウイルスに対する世界的な戦いの中で弱い立場に置かれているスイスの家庭救済のために100万スイスフラン(約102万ドル)を寄付したことを明かした。

「今は皆にとって厳しい時期であり、誰も見捨てられるべきではない」とフェデラーはインスタグラムでコメントした。

「ミルカと僕は個人的に、100万スイスフランをスイスの恵まれない家庭に寄付することを決めた。我々の貢献は、始まりに過ぎない。助けを必要としている家族のサポートに、他の者が続くよう願っている。皆で手を取り合えば、我々はこの危機を乗り越えられる。健康を保とう!」

 スイスで認識されている感染者の数は9877人で、うち死者は122人(3月26日現在)に及ぶ。フェデラーはこれに先立ち、当局が発した外出の制限や手洗いなどのウイルス対策の勧告をきちんと遵守するよう一般の人々に呼びかけていた。

 ATPとWTAの男女テニスツアーは、6月7日まで休止となっている。

※写真は2018年のレーバー・カップでのロジャー・フェデラー(スイス/左)と妻のミルカ(右)
CHICAGO, IL - SEPTEMBER 20: Team Europe Roger Federer of Switzerland and spouse Mirka Federer arrive on the Black Carpet during the Laver Cup Gala at the Navy Pier Ballroom on September 20, 2018 in Chicago, Illinois. The Laver Cup consists of six players from Team World competing against their counterparts from Team Europe. John McEnroe will captain Team World and Team Europe will be captained by Bjorn Borg. The event runs from 21-23 Sept. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images for The Laver Cup)


This article is a sponsored article by
''.