パリの病院への資金調達のため、フランスのテニス選手たちがチャリティオークションに協力している。

 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が2017年のマルセイユとロッテルダムで優勝したときのラケットを、ピエール ユーグ・エルベール(フランス)が昨年の「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/室内ハードコート)のダブルスでタイトルを獲得したとき使用していたポロシャツとラケットを、ユーゴ・アンベール(フランス)は今年のオークランドでツアー初優勝を飾ったときのウェア上下とラケットを出品した。

 特定のアイテム以外でも、リシャール・ガスケ(フランス)やギー・フォルジェ(フランス)とアンリ・ルコント(フランス)のレジェンドらはロラン・ギャロスまたはナショナルトレーニングセンターで1時間のテニスセッションを提供している。

 このオークションサイトには多くのテニス選手から100点以上が出品されており、5月3日の19時00分(中央ヨーロッパ夏時間)が締め切りとなっている。

※写真はオーストラリアン・オープンでのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 21: Jo-Wilfred Tsonga of France looks on during his Men's Singles first round match against Alexei Popyrin of Australia on day two of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 21, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Daniel Pockett/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.