WTAツアー公式戦の「トップシード・オープン」(アメリカ・ケンタッキー州レキシントン/8月10~16日/賞金総額22万5500ドル/ハードコート)に、日本の土居美咲(ミキハウス)が出場する。
 
 女子シングルスの組み合わせが発表され、土居の初戦の対戦相手はワイルドカード(主催者推薦枠)のシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)に決まった。

 この大会は7月にWTA(女子テニス協会)がツアー再開後の暫定カレンダーを発表した際に新たに追加され、USオープン前のハードコート大会として無観客で開催される。

海外ツアー2020日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 予選には日比万葉(グラムスリー)が第11シードでエントリーしており、日曜日に行われる初戦でヨバナ・ヨビッチ(セルビア)と対戦する予定になっている。日比とヨビッチ(旧姓ヤセッチ)は過去4度対戦しており、2勝2敗のイーブン。日比が最初の2試合で連敗したあと、2018年以降は2連勝を飾っている。

 トップシード・オープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。(テニスマガジン)

上位出場選手シード順位|シングルス

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[1]
アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)[2]
ジョハナ・コンタ(イギリス)[3]
アマンダ・アニシモワ(アメリカ)[4]

※写真はオーストラリアン・オープンでの土居美咲(ミキハウス)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)


This article is a sponsored article by
''.