ジュニア選手の親必見! コリ・ガウフの両親が実践する“ネクストセレナ”の育成方法

13歳でUSオープン・ジュニア準優勝。今年のフレンチ・オープン・ジュニアは14歳5ヵ月で制した。アメリカからとんでもない逸材が登場した。彼女の成長に大きく携わる両親に、その育成方法を聞いた。/『ジュニア選手の親必見! コリ・ガウフの両親が実践する“ネクストセレナ”の育成方法(文◎ポール・ファイン)』【テニスマガジン2018年10月号掲載記事】

久しぶりに登場の予感がする10代チャンピオン

 クリス・エバート、トレーシー・オースチン、ジェニファー・カプリアティなどの早熟の天才少女たちが、70~90年代にかけて私たちを魅了したことは、強烈な印象として頭に残っている。これらの“可愛らしい刺客たち”は、まだ選挙権を与えられない年齢でありながら、グランドスラムやオリンピックの舞台で、年上の選手たちを倒してきた。

 2004年のウインブルドン決勝では、当時17歳のマリア・シャラポワがセレナ・ウイリアムズを倒すサプライズを披露した。その2ヵ月後には、19歳のスベトラーナ・クズネツォワがUSオープンで優勝。だが、それ以降、10代の選手がグランドスラムを制することは現在まで一度もない。

 テニスの専門家たちは、今世紀はもう10代チャンピオンが生まれないと予想している。おそらく、女子テニスはあまりにパワー全盛の時代に突入し、未熟な10代選手がパワフルな“スラッガー”たちを倒すチャンスがなくなっている。エレナ・オスタペンコは、この説が間違っていることを証明しそうになったが、昨年フレンチ・オープンを制したときは、20歳になってから2日が経過していた。

 しかし、新たな才能あふれるジュニア選手が登場した。まるで加速して止められない特急列車のように、2020年にはすべての選手の上を乗り越えていくのではないかと予想される。

 もし、まだ彼女のことを知らないのなら、ここに紹介しよう。14歳5ヵ月のコリ・ガウフは6月に、18歳以下の選手が競うフレンチ・オープン・ジュニアで優勝。“ココ”と呼ばれる少女は、もうひとり将来を嘱望されるアメリカのケイティ・マクナリーとの決勝のチャンピオンシップポイントで驚くべきプレーを見せた。ネット際の攻防で、ココはボールに飛びついてフォアハンドボレーを決め、1-6、6-3、7-6(1)の逆転勝利を飾った。

 7月17日にITFは、ココが2004年に現在のランキングシステムが導入されて以降、14歳4ヵ月での最年少ジュニア世界一になったことを発表した。

2018年フレンチ・オープン・ジュニアを制したコリ・ガウフ

コマーシャルでセレナの子供役を務めた

 ココは6歳でフロリダのデルレイビーチでテニスを初めたときから、セレナとビーナスのウイリアムズ姉妹に憧れてきた。「彼女たちを見て育った。2人の影響で私はテニスを始めたの」と語っている。

 憧れのスターたちと深い親交はないが、セレナとは何度か対面したことがある。4年前、セレナとのCM撮影が初対面だった。そのときココが、セレナの少女時代の役を務めたのだ。もし、36歳になった憧れの選手が引退する前に、プロのツアーで対戦するようなことがあれば、どんなに素晴らしいだろうか! 

 彼女たちには“フランスつながり”もある。パトリック・ムラトグルーはセレナのグランドスラムタイトル23個のうち、10個を獲得した際にコーチを務めていた。彼は3年前、パリ郊外にチャンプ・シード・ファウンデーションのテニスアカデミーを創設。この施設のプログラムは、才能に恵まれた選手を育てるだけでなく、世界の大会に出場できるよう莫大な旅費をまかなうなど、財政面でも選手たちをサポートしている。

 現在、ココはそのアカデミーに属する最年少選手であり、ムラトグルーのお気に入りでもある。「パトリック(・ムラトグルー)が娘に興味があるのか、最初は確信がもてなかった」と振り返るのは、ココの父でコーチでもあるコリーだ。

「彼女はまだ11歳だったから、プロを本気で目指すには若すぎた。それでも彼はココの努力する姿勢や決断力には満足しているようだった。そこから私たちの関係は深いものになっていった。成功するために我々が必要とするものを、すべて手に入るように手配してくれた。彼のおかげで、ココのプレーは格段にレベルアップした。特にクレーコートでの上達は素晴らしいものがある。彼女はもともとハードコートを得意としていたからね」

パトリック・ムラトグルー

13歳の若さでUSオープン・ジュニアを準優勝

 ココは昨年のUSオープン・ジュニアで、ハードコートでの強さを見せつけた。13歳の最年少で出場し、まったく臆することなく戦った。アップセットに次ぐアップセットで年上の選手たちを倒し、USオープン・ジュニアの決勝に進んだ最年少選手となった。だが、より経験が豊富で滑らかなストロークを武器にする16歳のアマンダ・アニシモワ(アメリカ)に、0-6、2-6で敗れた。 

 この大会から翌年のフレンチ・オープン・ジュニアまでの間、ココのプレーで大きく成長した点は、何よりも経験だった。「もっとも大きな違いは、一度メジャー大会で決勝まで勝ち進んだこと」と父コリーは言う。

 13歳という年齢では、2017年3月までITF大会に出場することができなかった。その後はご存じの通り、フレンチ・オープン・ジュニアで優勝するなど、高いレベルでの試合経験を積んだ。それ以前にもプロの大会に出場している。タフな相手との対戦によって成熟し、技術や精神面に加えて、身長も順調に伸びていった。

 今年初めのオーストラリアン・オープン・ジュニアでは1回戦敗退に終わり、落ち込んで怒りを露わにしたが、その敗戦からもしっかり学んでいる。その後はふたたび練習で自分に足りないものを磨き、次の大会ではレベルアップした姿を披露した。

2017年USオープン・ジュニアで優勝を飾ったアマンダ・アニシモワ(左)と準優勝に終わったココ

両親から受け継がれたアスリートの血

両親から受け継がれたアスリートの血

 セレナやビーナスと同様、ココも両親から優秀なアスリートの血を受け継いでいる。身長176cm、体重72㎏と体格に恵まれ、今も身長は伸び続けている。ジョージア州大学でバスケットボールをプレーしていた188㎝の父親と、もともとは陸上の選手で、現在は体育教師を務める母親のキャンディはともにスポーツ万能だ。

 ココがウインブルドンで記録したサービスの最速記録は時速193㎞。これは女子全体の中でもセレナの201㎞、ビーナスの198㎞に次ぐ3番目の速さだったのだ。

 ココは11歳から12歳の頃にバスケットボールと陸上(5000m走など)に打ち込んでいた。その後はテニスの比重が大きくなり、掛け持ちできなくなったが、それでもほかのスポーツから多くのことを学んだ。「バスケットボールと陸上の経験は大きな助けになっている。テニスのほうが好きみたいだけど、優勝するために必要なトレーニング、練習法などはとても参考になったみたい」と母親のキャンディは振り返る。ココはハンド・アイ・コーディネーション、スピード、アジリティの高さなど他競技で身につけた能力をテニスに生かしている。

 フレンチ・オープン・ジュニアのチャンピオンシップポイントで見せた、ジャンピングボレーが証明するように、彼女の運動能力はすでにWTAのトッププロと比較しても遜色ないものだ。「私はいつも、ココはワールドクラスの身体能力をもっていると主張してきた。そして今、ココはその能力を強いテニスプレーヤーになるために、変換しようとしている。

 もし彼女が陸上を選んでいたら、大学でトップクラスの選手になり、オリンピックに出場する可能性もあったはずだ。私自身もバスケットボールの経験があるが、彼女の能力なら、WNBA(アメリカの女子プロバスケットボールリーグ)の選手にもなれただろう。彼女は速筋が強く、スピードやクイックネスの能力は非常に恵まれている」とコリーは娘の能力を絶賛する。

ココの身体能力の高さはワールドクラス

 ただし、どんなに身体能力が優れていようとも、テニスのプロツアーでトップとそれ以外の選手を分けるのは、最高級のグラウンドストロークとフットワークだ。この点において、ココは当然発展途上にあるが、特に目立った弱点がないのはとてもよい傾向だ。

「彼女はすべてにおいて、安定感がある。アグレッシブなベースライナーだけど、ポイントをネットで終わらせようとする。強力なサービスで簡単にポイントを奪うこともでき、3本目攻撃も得意だ。すべてのショットは改善の余地がある。特にネットプレーは大きな課題だろう。そのためにはハンドスキルが重要になる。彼女のテニスへの大きなモティベーションは、勝利への飽くなき欲求、戦う意志だ。彼女はリードしていようが、リードされていようが、すべてのポイントでファイトできる。そのことが、調子を落とす時間帯にも大きな助けになっている」と父コリーはプレー面での課題と、精神的な強さについて語った。

 それらの穴をなくすために、ココは定期的にムラトグルーのアカデミーを訪れている。何人かのコーチがココの練習を担当する中、ムラトグルーがフルタイムコーチであるコリーに、コーチとしての指導法を伝授している。ガウフ家はアカデミーに2、3週間滞在し、ウインブルドンのあとは、より長い期間をそこでトレーニングを受けながら過ごした。

 テニスというスポーツでは時折、“悪いパパ”たちによって、才能が汚されてしまうこともある。口汚いジム(マリー・ピアースの父)、暴力的なマリンコ(ミリヤナ・ルチッチ バローニの父)、鈍感なステファノ(ジェニファー・カプリアティの父)、自己破壊的なペーター(シュテフィ・グラフの父)。だが、コリーは、妻の手助けを借りながら、ここまでは彼らのような過ちを犯さずに済んでいる。

「私は2人の橋渡し役のようなもので、女の子をコーチするのに欠かせない役割なの。男性は、自分が女子を指導していることをしばしば忘れてしまう。だから、女子は男子とは違うんだと理解させることが必要なの。私は教師をしているおかげで、子供を教育する経験ならある。だから、指導法では彼をサポートしないといけない」とキャンディは自分の役割について話した。

最良の理解者である、母キャンディ

最良の理解者である、母キャンディ

 キャンディが娘にアドバイスするとしたら、どんな言葉をかけるのか?

「女子と男子では接し方を変える必要がある。女子は父の言うことは心に響くけど、コーチの言葉はまた別。だから、私は夫に対してココと話すときは、なぜその話をするのかを論理的に説明するようにアドバイスしている。そしてリラックスして話すようにとね」と年頃の女子と話す難しさを解説する。

 エバート、オースチン、カプリアティ、シャラポワ、モニカ・セレスと過去の天才少女たちと同じように、試合で冷静に勝利に徹することができるココは、まるでベテラン選手のようにビッグマッチの重圧に対処してしまう。「プレッシャーのかかる場面でも落ち着いて、自分のゲームプランに集中することを学んだ」とココは言う。

「ココは自分の性格を使い分けなければならない。オンコートでは、彼女はいつも年上と接してきたから、そのレベルに合ったマインドセットと決断が必要になる。でも、オフコートでは他の同年代の少女と同じように、成長過程にある。彼女は人生を楽しみたいだろうし、楽しい時間を過ごしたいと思っている。でもコートの上では真剣に仕事としてのテニスと向き合わなければならない。規律正しくないといけない。両方の場に適応するため、オンコートとオフコートでは違った顔を使い分けている」とキャンディはココの両面について語った。

 ココの成長にとって欠かせないもうひとつのカギは、しっかりつくり上げられた家族生活だ。彼女はここで普通の少女として思春期を過ごす必要がある。自宅で学習する優等生で、言語のコースや数学では同年代よりも先に進んでいるようだ。

「一番好きな科目は科学。実験をするのが大好きなの」とココは無邪気に笑う。

「勉強でもテニスでもうまくいくためには、自宅学習が最適な選択だった。おかげで練習時間も多く確保できている」とキャンディはその利点を話す。ただ、ココはただ単に何時間にもわたってボールを打ち続けているだけではない。日々の生活も大事にし、地域の人々との関係も大事にしている。

「彼女は普通とは大きく異なった環境に置かれているから、なるべく普通の幼少期を送れるように、細心の注意を払ってきた。それはつまり、テニス以外の生活を疎かにしないということ。教会のダンス教室や合唱団、兄弟らと地域の行事に積極的に参加し、野球の試合のウグイス譲を務めたり、地域の人々との関わりをなるべくもつようにしている。彼女は幸運にも大きな家族のような人々に囲まれているから、テニス以外にも貴重な経験を積んでいる」とキャンディは、テニス以外の生活の重要性を説く。

 キャンディとコリーはココのフィジカルコンディションを、いつも気にかけている。あまりにテニスばかりを押し付けてしまうと、80年代前半に登場したアンドレア・イエガーやオースチンら10代のスターのように、ケガに悩まされ若くして引退を余儀なくされることを、2人はよく心得ている。

「ウエイトなど特別なトレーニングはさせていない。彼女の体はなるべく自然に大きくなってほしいから。休養もできるだけとれるようにしている。クロストレーニング(複数種目の運動で全身をバランスよく使う練習法)や、ほかのスポーツにも積極的に取り組んできた。そこではテニスに直結する能力よりは、ほかの選手と競争する力を養ってきた。デルレイビーチでは、私たちはそれを『心の内側に闘争心に溢れた犬を飼う』と表現する。それが私たちの目的。彼女がどんな状況に置かれても“戦える”ようにね。誰よりも勝ちたいと思う者は、自分のすべてのストロークを駆使して、相手を打ち負かそうとするもの」

 ココの絶対に諦めないメンタルは、おそらくセレナと比べられるようになるだろう。特に、ビッグポイントを取ったときの“カモン!”はセレナを彷彿とさせる。「彼女はとにかく戦うのが好きなの」とキャンディは言う。

 テニスの目標を問われると、ココはセレナのような野望を打ち明けた。「目標はグランドスラムで優勝してナンバーワンになること。とにかく一番になりたい!」とココは自信に満ちた表情を浮かべた。

 次代のセレナになることを期待されるアメリカの天才少女について、自身のアカデミーに受け入れているムラトグルーは、オムニスポーツのインタビューで次のように語った。

「彼女はファンタスティックだ。彼女はトップの中のトップになれる逸材だ。彼女の才能を信じているよ」

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録