2020年WTAファン・フェイバリット賞はフレンチ・オープン女王シフィオンテク

写真はフレンチ・オープンでのイガ・シフィオンテク(ポーランド)(Getty Images)

WTA(女子テニス協会)が月曜日に公式サイトを更新し、イガ・シフィオンテク(ポーランド)が2020年シーズンのWTAファン・フェイバリット賞を受賞したと発表した。この賞は2009年に始まり、2017年からはシモナ・ハレプ(ルーマニア)が3年連続で受賞していた。

 同賞をコリ・ガウフ(アメリカ)、ダリア・カサキナ(ロシア)、ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)と争っていたシフィオンテクは、50%以上の票を集めて栄誉に輝いた。彼女と同国の選手が選ばれたのは、2011年から6年連続で受賞したアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)に続いて2人目となる。

 今シーズンのシフィオンテクはフェドカップ(現ビリー ジーン・キング・カップ)を含む7大会でプレーし、14勝5敗の戦績を残して世界ランク自己最高となる17位で終えた。10月にはフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)を1セットも落とさず制し、ツアー初優勝をグランドスラム大会で達成する快挙を成し遂げた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related