2020-12-13

ジュニア

大矢祥生(名古屋高)と新見小晴(柳生園TC)が優勝 [第41回全日本ジュニア選抜室内]

写真は優勝を果たした大矢祥生(名古屋高/左)と新見小晴(柳生園TC)(撮影◎佐藤真一 / SHINICHI SATO)

公益財団法人日本テニス協会(JTA)が主催する「JOCジュニアオリンピックカップ第41回全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月10~13日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)は最終日を迎え、順位別トーナメントの決勝と3位決定戦が行われた。

 男子決勝はD組1位の大矢祥生(名古屋高)がA組1位の原﨑朝陽(神村学園神戸)を4-6 6-2 6-1で、女子決勝はA組1位の新見小晴(柳生園TC)がB組1位の森岡きらら(奈良国際TC)を6-2 6-0で破り、それぞれ優勝を果たした。

 この大会は男女各16人で争われる18歳以下のジュニア全国大会で、1組4人の1次リーグで組内の順位を決めたあとに順位別のトーナメントが行われる。今年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で全国大会が開催できなかったため選考方法を変更し、全国9地域のテニス協会から選出された各1名の男女9選手、全国高等学校体育連盟テニス専門部から推薦された男女2選手、JTAから推薦された男女5選手が参加した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号

順位別トーナメント|男子

決勝トーナメント決勝

○1大矢祥生(名古屋高)4-6 6-2 6-1 ●3原﨑朝陽(神村学園神戸)

決勝トーナメント3位決定戦

○丹下颯希(新田高)6-1 6-4 ●石垣秀悟(松商学園高)

2位トーナメント決勝

○2髙悠亜(関西高)1-6 6-4 6-2 ●3ジョーンズ怜音(第一学院高)

2位トーナメント3位決定戦

○松岡隼(桜田倶楽部)6-4 6-2 ●宮田陸(筑陽学園高)

3位トーナメント決勝

○2蔵田太洋(広島国際学院高)7-5 6-3 ●3小泉熙毅(さくら野火止TA)

3位トーナメント3位決定戦

○森田皐介(柳川高)7-6(5) 6-2 ●前田優(ラフ)

4位トーナメント決勝

○4小笠原陸(海星学院高)4-6 6-1 6-3 ●2佐藤駿弥(ダンロップ泉パークタウンTC)

4位トーナメント3位決定戦

○坂本怜(チェリーTC)6-3 6-4 ●若松玄登(パブリックTE)

順位別トーナメント|女子

決勝トーナメント決勝

○1新見小晴(柳生園TC)6-2 6-0 ●3森岡きらら(奈良国際TC)

決勝トーナメント3位決定戦

○石井さやか(TEAM YONEZAWA)7-6(6) 6-3 ●クロスリー真優(東京都TA)

2位トーナメント決勝

○1松田絵理香(狛江インドアジュニアATPチーム)4-6 6-4 6-4 ●3松本祐華(沖縄尚学高)

2位トーナメント3位決定戦

○中山友里(松商学園高)6-7(2) 6-4 6-2 ●伊藤あおい(サリュートテニス専門学院)

3位トーナメント決勝

○4齋藤咲良(MAT Tennis Academy)6-4 6-3 ●2五十嵐唯愛(四日市商業高)

3位トーナメント3位決定戦

○山口花音(浪速学院)6-3 6-2 ●濱田暖菜(新田高)

4位トーナメント決勝

○3櫻田しずか(静岡市立高)6-1 6-1 ●2宮川このみ(札幌光星高)

4位トーナメント3位決定戦

○堀家那菜(丸亀TC)6-4 6-2 ●成谷優芽(TOY'S Tennis Lab)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎佐藤真一 / SHINICHI SATO

Related