2020-12-13

ジュニア

女子は新見小晴(柳生園TC)がジュニア最後の舞台で初の全国タイトルを獲得 [第41回全日本ジュニア選抜室内]

写真は新見小晴(柳生園TC)(撮影◎佐藤真一 / SHINICHI SATO)

2020年を締めくくるジュニア大会で公益財団法人日本テニス協会(JTA)が主催するジュニアの全国大会としては今年唯一の開催となった「JOCジュニアオリンピックカップ第41回全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月10~13日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)は万全の新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策の中、3日間の競技日程をまずは無事に終えた。

 最終日の今日は順位別トーナメントの決勝および3位決定戦が行われ、女子の1位トーナメント決勝では新見小晴(柳生園TC)が森岡きらら(奈良国際TC)に6-2 6-0で圧勝し、ジュニア最後となる大会で念願の全国初タイトルを手にした。

 予想外の展開になった。

 3年前の中牟田杯での準優勝が全国大会での最高成績だった18歳の新見。その決勝で敗れた相手が一つ年下の森岡で、森岡にはほかにも全国選抜ジュニア14歳以下やRSK杯などの全国優勝経験がある。中牟田杯の決勝は6-3 6-0の圧勝だった。

「あの試合には悪いイメージしか残っていない」と新見。「でも今年はコロナ中にパワーを強化して基本のラリーのスピードを上げる練習をしてきたので、それをしっかり出していこうというつもりでコートに入りました」。

 立ち上がりから長いラリーがいくつも繰り広げられる中、森岡のブレークで試合は始まった。しかし新見はすぐにラブゲームでブレークバック。第4ゲームもデュースからブレークに成功した。最初のゲームを除けば、自身のサービスゲームは左利きの回転を生かしたスライスを駆使して危なげなくキープ。5-2から3度目のブレークでセットを奪った。

 バックハンドのスライス合戦などテクニックを競った見応えあるラリーも随所に見られたが、新見が抜群の安定感で気持ちもノッていく一方で、森岡のほうは攻めのショットが思うように決まらず落胆や苛立ちが見てとれる。新見が5-0までリードを広げたところで、森岡のもとへトレーナーがやってきた。左の内転筋の張りからくる膝の痛みを抱えていたという。

「違和感は昨日からありました。試合でどんどん痛みが出てきて、長いラリーにならないように自分から攻めようと思ったんですけど、足が入っていかなくてミスが増えてしまいました」

 治療後1ゲームで決着はつき、決勝の舞台で力が出しきれなかったことに悔し涙がこぼれた。

 中学生対決となった3位決定戦では、15歳の石井さやか(TEAM YONEZAWA)がクロスリー真優(東京都TA)に7-6(6) 6-3で勝利した。ひとつ年下のクロスリーには昨年の全国選抜ジュニア14歳以下の準決勝を含めて勝ち越しているが、「(クロスリーは)前よりメンタルもテニスもすごく強くなったと思いました」と素直に称賛した。有望株が多いと言われるこの世代への期待をいっそう高めてくれる2人の活躍だった。(ライター◎山口奈緒美)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎佐藤真一 / SHINICHI SATO

Related