コンタベイト、ブレイディ、ケルバーらが2回戦へ [グランピアンズ・トロフィー]

写真はアネット・コンタベイト(エストニア)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「グランピアンズ・トロフィー」(WTA500/オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/2月3~7日/賞金総額23万5820ドル/ハードコート)が開幕し、初日は女子シングルス1回戦12試合が行われた。

 この大会はオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に向けて手配されたチャーター便でメルボルン入りした際に同乗者に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が出たことで練習するための外出もできない「ハードロックダウン」を課された選手たちを救済するため、女子テニス協会(WTA)によって「メルボルン・サマーシリーズ」に急遽追加された。

 グランピアンズ・トロフィーは女子シングルス28ドローで争われ、上位4シードは1回戦がBYEで免除されている。この日プレーしたシード勢は第6シードのアネット・コンタベイト(エストニア)、第7シードのジェニファー・ブレイディ(アメリカ)、第8シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が揃って初戦を突破した。

 2回戦ではコンタベイトがベサニー・マテック サンズ(アメリカ)と、ブレイディがマルタ・コスチュク(ウクライナ)と、ケルバーはオンス・ジャバー(チュニジア)と対戦する。

 2016年オーストラリアン・オープン優勝者のケルバーは検疫後初の試合で調子を整えるのに少し時間を要したものの、最終的にカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を6-3 4-6 6-3で倒した。

 同大会に出場しているそのほかの元グランドスラム大会チャンピオンにはスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)とスローン・スティーブンス(アメリカ)もいるが、ふたりは揃って1回戦負けを喫した。ブレイディがクズネツォワを6-3 6-0で、18歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)はスティーブンスを6-3 6-1で退けた。

 またオーストラリアン・オープンを2度制した実績を持つビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)は第3シードのため、ユリア・プティンセバ(カザフスタン)に対する2回戦から登場する。

 そのほかの試合では、ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)、バーボラ・クレイチコバ(チェコ)、ソラナ・シルステア(ルーマニア)、アン・リー(アメリカ)が2回戦に駒を進めた。

 今年のオーストラリアン・オープンはCOVID-19の規制のために従来より3週間開始を遅らせ、2月8日にメルボルン・パークで開幕する予定になっている。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related