ドローが決定、大坂なおみの初戦は全豪3度8強のパブリウチェンコワ [オーストラリアン・オープン]

写真はギップスランド・トロフィーでの大坂なおみ(日清食品)(Getty Images)

今年最初のグランドスラム大会となる「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦2月8~21日/ハードコート)の男女シングルスのドローが発表され、女子シングルスで第3シードとなった大坂なおみ(日清食品)の初戦の対戦相手はアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)に決まった。

 両者の過去の対戦成績は、1勝1敗のイーブン。初対戦だった2017年10月の香港(WTAインターナショナル/ハードコート)の準々決勝はパブリウチェンコワが6-3 6-3で、2019年9月の大阪(WTAプレミア/ハードコート)の決勝では大坂が6-2 6-3で勝っている。

 世界ランク自己最高13位のパブリウチェンコワはグランドスラム大会で6度8強入り実績を持っており、昨年の大会では2年連続3度目の準々決勝進出を果たした。

 全豪に6年連続出場となる大坂は、2019年の大会で前年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)に続くグランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成して世界ナンバーワンの座に就いた。連覇に挑んだ昨年は、3回戦でコリ・ガウフ(アメリカ)に3-6 4-6で敗れていた。

 そのほかの女子日本勢は3人が出場しており、日比野菜緒(ブラス)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したアストラ・シャルマ(オーストラリア)と、土居美咲(ミキハウス)がアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)と、予選を勝ち上がってきた日比万葉(グラムスリー)はラッキールーザーで本戦入りしたアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)と初戦で対戦することになった。

 女子のトップシードは2019年フレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)でグランドスラム初優勝を果たしたアシュリー・バーティ(オーストラリア)、2018年準優勝者のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第2シード、ディフェンディング・チャンピオンのソフィア・ケニン(アメリカ)は第4シードとなっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

女子シングルス|シード選手と日本人選手1回戦組み合わせ

1アシュリー・バーティ(オーストラリア)[1]

8エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)[29]

------

9アネット・コンタベイト(エストニア)[21]

16ペトラ・マルティッチ(クロアチア)[16]

------

17ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[11]

24エリース・メルテンス(ベルギー)[18]

------

25カロリーナ・ムチョバ(チェコ)[25]

32カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[6]

----------

33ソフィア・ケネン(アメリカ)[4]

40ドナ・ベキッチ(クロアチア)[28]

------

41ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)[22]

48ジョハナ・コンタ(イギリス)[13]

------

49ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[12]

53日比野菜緒(日本/ブラス)vs 54アストラ・シャルマ(オーストラリア)[WC]

56マリア・サカーリ(ギリシャ)[20]

------

57ユリア・プティンセバ(カザフスタン)[26]

64エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[5]

----------

65ビアンカ・アンドレスク(カナダ)[8]

72ワン・チャン(中国)[30]

------

73マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)[19]

80ペトラ・クビトバ(チェコ)[9]

------

81ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14]

88アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[23]

------

89オンス・ジャバー(チュニジア)[27]

91日比万葉(日本/グラムスリー)[Q] vs 92アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)[LL]

96大坂なおみ(日本/日清食品)[3] vs 95アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)

----------

97アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)[7]

104ジャン・シューアイ(中国)[31]

------

105アリソン・リスク(アメリカ)[24]

112セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[10]

------

113イガ・シフィオンテク(ポーランド)[15]

120エレナ・リバキナ(カザフスタン)[17]

------

121ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)[32]

125土居美咲(日本/ミキハウス)vs 125アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)

128シモナ・ハレプ(ルーマニア)[2]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related