土居美咲/日比野菜緒は最終セットタイブレークの末に初戦敗退 [オーストラリアン・オープン]

写真は女子シングルス1回戦での土居美咲(ミキハウス)(Getty Images)

今年最初のグランドスラム大会となる「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦2月8~21日/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、土居美咲(ミキハウス)/日比野菜緒(ブラス)はパウラ・バドーサ(スペイン)/ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)に2-6 6-4 6-7(7-10)で競り負けた。試合時間は2時間22分。

 土居と日比野のコンビは今回が7度目のダブルス出場で、2018年9月の蘇州(ITF10万ドル/ハードコート)と2019年7月の広島(WTAインターナショナル/ハードコート)でタイトルを獲得していた。全豪には2016年に同ペアで臨んだが、1回戦でシェイ・スーウェイ(台湾)/オクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)に6-2 2-6 6-7(0)で敗れていた。

 日比野はシングルスで勝ち残っており、大会4日目に行われる2回戦でクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)と対戦する予定になっている。土居もシングルスにも出場していたが、大会初日に行われた1回戦でアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)に2-6 1-6で敗れていた。

 バドーサ/コビニッチは2回戦で、第12シードのヘイリー・カーター(アメリカ)/ルイーザ・ステファニー(ブラジル)とエレナ・リバキナ/ヤロスラーワ・シュウェドワ(ともにカザフスタン)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related