「コートに戻れるのが楽しみです」日比野菜緒が右肩の手術を報告

オーストラリアン・オープン2回戦でムラデノビッチと戦った日比野

日比野菜緒(ブラス)が自身のインスタグラムを更新し、右肩の手術を受けたことを明かした。

 インスタグラムに右腕を三角巾でつった写真を投稿した日比野は「オーストラリアから痛みがあった肩の小さな手術を受けました」と報告し、「数年前にもできていたガンクリオンがとても大きくなっていたのが原因でした。術後の痛みもすぐに消えるそうなので、コートに戻れるのが楽しみです」と説明した。

 今年のオーストラリアン・オープンでは1回戦で地元選手のアストラ・シャルマ(オーストラリア)に2-6 6-3 7-5で競り勝ち、2回戦はクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)に5-7 1-6で敗退。2年連続で初戦突破を果たしていた。

 そのあとに日比野はメルボルン・パークで行われたフィリップアイランド・トロフィー(WTA250/ハードコート)に出場したが、2月14日のシングルス1回戦でバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)との試合を3-6 0-3の時点で途中棄権していた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related