アデレード優勝のシフィオンテクが世界ランク自己最高の15位に浮上

写真はアデレード国際で優勝し、チームに抱えられてポーズを取るイガ・シフィオンテク(ポーランド)(Getty Images)

フレンチ・オープン女王のイガ・シフィオンテク(ポーランド)が先週のアデレード国際で優勝し、月曜日に更新されたWTAランキングで18位から自己最高の15位に浮上した。グランドスラム覇者として初のタイトルを獲得したシフィオンテクは、ツアー決勝での戦績を2勝1敗とした。

 この月曜日の更新では、彼女より上のランキングには変化がなかった。アシュリー・バーティ(オーストラリア)が変わらず世界ランク1位で、オーストラリアン・オープン優勝者の大坂なおみ(日清食品)が2位、シモナ・ハレプ(ルーマニア)が3位、ソフィア・ケニン(アメリカ)が4位、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)は5位となっている。

 3月17日に17歳の誕生日を迎えるコリ・ガウフ(アメリカ)は、アデレードで予選を勝ち上がって準決勝に進出したことで52位からキャリア最高の38位に上昇した。

 同じくアデレードで8強入りしたシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)が53位から49位に浮上し、2003年以来初めて女子のアメリカ勢11人がトップ50に名を連ねることになった。(APライター◎ハワード・フェンドリック/構成◎テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related