第3シードの二宮真琴/ボラコバは準決勝に進めず [サンクトペテルブルク女子]

写真は2018年WTAエリート・トロフィー珠海での二宮真琴(エディオン)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(WTA500/ロシア・サンクトペテルブルク/3月15~21日/賞金総額56万5530ドル/室内ハードコート)の女子ダブルス準々決勝で、第3シードの二宮真琴(エディオン)/レナタ・ボラコバ(チェコ)はモニカ・ニクレスク(ルーマニア)/レスリー・パッティナマ ケルクホーフ(オランダ)に3-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間11分。

 2017年ウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)で4強入りした実績を持つボラコバと二宮のコンビは、今季4度目のダブルス出場。2週間前のリヨン(WTA250/室内ハードコート)では2試合を勝ち上がり、4強入りしていた。

 今大会での二宮/ボラコは、1回戦でナテラ・ザラミズ/マルガリータ・ガスパリアン(ともにロシア)を3-6 6-1 [12-10]で破って勝ち上がっていた。

 ニクレスク/パッティナマ ケルクホーフは準決勝で、第1シードのナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/ラルカ・オラル(ルーマニア)とアリナ・ラディオノワ(オーストラリア)/ロザリー・ファン デル フック(オランダ)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related