地元ロシアのパブリウチェンコワ、カサキナらが2回戦へ [サンクトペテルブルク女子]

写真はダリア・カサキナ(ロシア)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(WTA500/ロシア・サンクトペテルブルク/3月15~21日/賞金総額56万5530ドル/室内ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第8シードのダリア・カサキナ(ロシア)が予選勝者のクララ・タウソン(デンマーク)を6-4 7-6(0)で倒して大会のスタートを切った。試合時間は1時間54分。

 今シーズンのカサキナはここまでに5大会でプレーし、2月のフィリップアイランド・トロフィー(WTA250/ハードコート)ではWTAツアー3勝目を挙げていた。カサキナは次のラウンドで、前日に勝ち上がりを決めていたアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)と対戦する。

 この日プレーしたそのほかのシード勢は第5シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)がラッキールーザーで本戦入りしたチャーラ・ブイヤカカイ(トルコ)を6-4 6-4で下して2回戦に駒を進めたが、第7シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマルガリータ・ガスパリアン(ロシア)に7-6(1) 1-6 1-6で敗れた。

 そのほかの試合ではカテリーナ・シニアコバ(チェコ)、テレザ・マルティンコバ(チェコ)、ワイルドカードのカミラ・ラヒモワ(ロシア)、予選勝者のワン・シンユー(中国)とジャクリーン・クリスティアン(ルーマニア)が初戦を突破した。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related