大坂なおみが初戦をクリア、オーストラリアン・オープン優勝から再スタート [マイアミ・オープン]

写真は大坂なおみ(日清食品)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「マイアミ・オープン」(WTA1000/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月23日~4月4日/賞金総額326万190ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第2シードの大坂なおみ(日清食品)がアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)を7-6(3) 6-4で下してオーストラリアン・オープン優勝から再スタートを切った。試合時間は1時間38分。

 今大会に2年ぶり5度目の出場となる23歳の大坂は、2度の3回戦進出(2016年、19年)がこれまでの最高成績。前回開催された2019年は第1シードで臨んだが、3回戦でシェイ・スーウェイ(台湾)に6-4 6-7(4) 3-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。27歳のトムヤノビッチは本戦初日に行われた1回戦で、アナスタシア・ポタポワ(ロシア)を7-5 6-0で破って勝ち上がっていた。

 今シーズンの大坂はここまでに2大会でプレーし、2月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では2年ぶりに女王の座に返り咲いていた。

 大坂は3回戦で、第26シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)と予選から勝ち上がってきたニーナ・ストヤノビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related