ビリー ジーン・キング・カップ日本代表初選出の4人が意気込みを語る

写真は(左上から時計回り)内藤祐希(亀田製菓)、村松千裕(グラムスリー)、秋田史帆(橋本総業ホールディングス)、佐藤久真莉(富士薬品)の(撮影◎菅原淳、宮原和也)

女子テニスの国別対抗戦「ビリー ジーン・キング・カップ(旧フェドカップ) by BNPパリバ」のプレーオフ「日本対ウクライナ」(4月16、17日/ウクライナ・オデッサ州チョルノモルスク/クレーコート)の日本代表メンバーが発表され、内藤祐希(亀田製菓)、村松千裕(グラムスリー)、秋田史帆(橋本総業ホールディングス)、佐藤久真莉(富士薬品)の4人が選ばれた。

 4人の中で代表歴のある選手はひとりもおらず、世界ランク2位の大坂なおみ(日清食品)やトップ100に名を連ねる土居美咲(ミキハウス)と日比野菜緒(ブラス)、今季ダブルスでツアー3勝を挙げている青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)は選出されなかった。

 日本は2020年2月7日(金)と8日(土)に開催された予選ラウンド(スペイン・ムルシア/クレーコート)でスペインに1勝3敗で敗れ、ファイナルズ進出を逃していた。

※世界ランクは4月5日付

日本代表メンバー

内藤祐希(亀田製菓:シングルス169位/ダブルス435位)
村松千裕(グラムスリー:シングルス225位/ダブルス424位)
秋田史帆(橋本総業ホールディングス:シングルス394位/ダブルス685位)
佐藤久真莉(富士薬品:シングルス785位/ダブルス855位)

監督◎土橋登志久

日本代表初選出の選手コメント


内藤祐希(亀田製菓)

「今回、初めてビリー ジーン・キング・カップのメンバーとして選出していただいたこと、光栄に思います。日本代表として貢献できるように精一杯頑張ります。いつも応援してくださっているファンの皆さま、ありがとうございます」


村松千裕(グラムスリー)

「今回ビリー ジーン・キング・カップのメンバーに選出していただき、とても光栄に思っています。緊張もありますが、この状況の中でもサポートをしてくださるスタッフの方々やメンバーの皆、日本からの応援も力にして、自分が今持っているものを出しきって、最後まで戦いたいと思います」


秋田史帆(橋本総業ホールディングス)

「今回ビリー ジーン・キング・カップ日本代表に選抜していただき、とても光栄に思います。選抜してくださった関係者の皆さま、そしてこれまで私を支えてくださったすべての方に感謝したいです。与えられた場所で日本の勝利に貢献できるよう、自分の仕事を全うしたいと思っています。Team JAPAN の応援をよろしくお願い致します」


佐藤久真莉(富士薬品)

「ジュニア時代に国別対抗戦に出場させていただいたこともあり、日本代表というものに熱い思いを抱いてきました。今回このような機会をふたたび頂けたことに感謝するとともに、少しでもよいニュースを皆さまにお届けできるように精一杯戦います。応援よろしくお願い致します」

 16ヵ国がホーム&アウェー方式で争うプレーオフはベスト・オブ・3セットマッチで初日にシングルス2試合、2日目にシングルス2試合とダブルス1試合(先に3勝したチームの勝利)で行われる。各対戦に勝利した8ヵ国が翌年の予選ラウンド出場権を獲得し、敗れた8ヵ国はグループⅠに降格する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎菅原淳、宮原和也

Related