日比野菜緒はストレート負けで5大会ぶりの勝利ならず [ボルボ・カーズ・オープン]

写真はオーストラリアン・オープンでの日比野菜緒(ブラス)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「ボルボ・カーズ・オープン」(WTA500/アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン/4月5~11日/賞金総額56万5530ドル/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、日比野菜緒(ブラス)はリュドミラ・サムソノワ(ロシア)に2-6 1-6で敗れた。試合時間は1時間8分。

 今大会に初めて出場した26歳の日比野は、5大会ぶりの勝ち星を挙げることができなかった。日比野は2月末に、右肩のガングリオンを取り除く小さな手術を受けていた。

 この結果でサムソノワは、日比野との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2019年8月にバンクーバー(W100/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、日比野が7-5 6-1で勝っていた。

 サムソノワは2回戦で、第14シードのコリ・ガウフ(アメリカ)とツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

 日比野は土居美咲(ミキハウス)とのペアでダブルスにもエントリーしており、第2シードのティメア・バボス(ハンガリー)/ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)に対する初戦を控えている。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related