バーテンズが2連覇達成、ダブルスは青山/柴原が今季初優勝 [レディース・トロフィー]

WTAツアー公式戦の「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(WTAプレミア/ロシア・サンクトペテルブルク/2月10~16日/賞金総額84万8000ドル/室内ハードコート)の女子シングルス決勝で、第2シードのキキ・バーテンズ(オランダ)が第8シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)を6-1 6-3で退け、2連覇を達成した。試合時間は1時間14分。

 バーテンズがWTAツアーのシングルスで優勝を飾ったのは、昨年5月のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)以来で通算10回目となる。この勝利でツアー決勝での戦績は、10勝4敗となった。

 今大会に4年連続出場だった28歳のバーテンズは、昨年の大会でタイトルを獲得。初出場から2年連続で初戦敗退に終わっていたが、決勝でドナ・ベキッチ(クロアチア)を7-6(2) 6-4で下して栄冠に輝いた。

サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー2020|PHOTOアルバム

 この結果でバーテンズは、リバキナとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は昨年6月にスヘルトーヘンボス(WTAインターナショナル/グラスコート)の準決勝で初対戦しており、バーテンズが6-4 6-4で勝っていた。

 今大会でのバーテンズは、初戦となった2回戦でベロニカ・クデルメトワ(ロシア)を6-1 6-2で、準々決勝で予選勝者のアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-4 7-6(3)で、準決勝ではエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)を6-1 4-6 6-1で破って決勝進出を決めていた。

 20歳のリバキナは今季3度目の決勝で、1月のホバート(WTAインターナショナル/ハードコート)に続くツアー3勝目を目指していた。

 ダブルス決勝も行われ、第1シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)が第3シードのケイトリン・クリスチャン(アメリカ)/アレクサ・グラーチ(チリ)を4-6 6-0 [10-3]で倒して同ペアでの3勝目を挙げた。

(右から)女子ダブルス優勝の青山修子(近藤乳業)、柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)、準優勝のアレクサ・グラーチ(チリ)、ケイトリン・クリスチャン(アメリカ)
SAINT PETERSBURG, RUSSIA - FEBRUARY 16: Kaitlyn Christian(L), Alexa Guarachi (L), Shuko Ayoama (R) and Ena Shibahara (R) poses during award ceremony during WTA tennis tournament St. Petersburg Ladies Trophy 2020 on February 16, 2020, at Sibur Arena in St.Petersburg, Russia. (Photo by Anatoliy Medved/Icon Sportswire via Getty Images)

※トップ写真はキキ・バーテンズ(オランダ)
SAINT PETERSBURG, RUSSIA - FEBRUARY 16: Kiki Bertens poses during award ceremony WTA tennis tournament St. Petersburg Ladies Trophy 2020 on February 16, 2020, at Sibur Arena in St.Petersburg, Russia. (Photo by Anatoliy Medved/Icon Sportswire via Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録