青山修子/柴原瑛菜は繰り上がり出場ペアの勢い止めれず準決勝敗退 [イタリア国際]

写真はマイアミ・オープンでの青山修子(左)/柴原瑛菜(近藤乳業/橋本総業ホールディングス)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(WTA1000/イタリア・ローマ/5月10~16日/賞金総額183万5490ユーロ/クレーコート)の女子ダブルス準決勝で、第4シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)は繰り上がり出場から快進撃で勝ち上がってきたシャロン・フィッチマン(カナダ)/ジュリアーナ・オルモス(メキシコ)に3-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間12分。

 この試合は土曜日の夜に予定されていたが、試合進行が遅れたため延期となっていた。

 2019年からペアを組み始めた青山/柴原は、今季9度目目のダブルス出場。2021年のツアー開幕戦だったアブダビと2戦目のヤラバレー・クラシック(ともにWTA500/ハードコート)を制したあと続くオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で8強入りし、4月にはマイアミ(WTA1000/ハードコート)でキャリア最大のタイトルを獲得した。

 今大会での青山/柴原は初戦となった2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジュリア・ガット モンティコーネ/ビアンカ・トゥラーティ(ともにイタリア)を6-1 6-0で退け今季のクレーコートシーズン初勝利を挙げたあと、準々決勝では第6シードのチャン・ハオチン/チャン・ラティーシャ(ともに台湾)を4-6 7-5 [10-6]で破ってベスト4進出を決めていた。

 フィッチマン/オルモスはこのあとに行われる予定の決勝で、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)/マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)と対戦する。ムラデノビッチ/ボンドルソバは前日に終わった準決勝で、ワイルドカードから勝ち上がってきたイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)/サラ・エラーニ(イタリア)を6-2 6-3で下しての勝ち上がっていた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related