内藤祐希は4度目のグランドスラム予選で初の初戦敗退 [フレンチ・オープン]

写真は2020年フレンチ・オープンでの内藤祐希(亀田製菓)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/予選5月24日~、本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の女子予選1回戦で、内藤祐希(亀田製菓)はタマラ・コーパッチ(ドイツ)に4-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間35分。

 グランドスラム予選に4度目の出場となった20歳の内藤は、初の初戦敗退に終わった。初参戦だった昨年のロラン・ギャロスでは、予選2回戦でアストラ・シャルマ(オーストラリア)に4-6 4-6で敗れていた。

 そのほかの女子日本勢は奈良くるみ(安藤証券)と日比万葉(グラムスリー)が出場しており、それぞれ火曜日に初戦を迎える。

 予選は男女ともシングルス128ドローで争われ、3試合に勝った各16名が本戦の出場権を手にする。予選は5月28日(金)までの5日間に渡って行われる予定となっている。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号

女子予選1回戦の試合結果|日本人選手

●6内藤祐希(日本/亀田製菓)4-6 3-6 ○5タマラ・コーパッチ(ドイツ)

女子予選1回戦の組み合わせ|日本人選手

123奈良くるみ(日本/安藤証券)vs 124ジュリア・ガット モンティコーネ(イタリア)

70日比万葉(日本/グラムスリー)vs 69ジョルジーナ・ガルシア ペレス(スペイン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related